カロリーは制限した方がいい?気にしなくていい? 362

最近TVやネットのダイエット情報で、「カロリーは制限する必要がない!」とよく見かけます。

でも、「カロリー摂ると太りそうだし。でも食べていいって言うし。。。どう考えればいいの!?」

と頭を悩ませている女性も多いのではないでしょうか?

そんなあなたへ、私の考えをお伝えします。

まず、こちらをご覧ください。

Dr.Gotoの老化研究所 健康長寿より 画像引用
(クリックで飛びます。)

サルの動物実験で、よくこんな画像があります。

・左は自由にえさを与えたサル
・右はカロリーを制限したサル

共に27歳

右の方が若く見えませんか?

だから、

「カロリーは少ない方が、寿命が長く、細胞も若く、美容にも良い。」

と言えるとも思います。

確かに、カロリーの摂り過ぎはいけません。

当たり前ですけど、太りますもんね。

でも、だからといってカロリーは制限した方が良いのでしょうか?

こちらもご覧ください。

Dr.Gotoの老化研究所 健康長寿より 画像引用
(クリックで飛びます。)

カロリー制限をしていると、通常時の血糖値は低くなるのですが、糖化度が高くなります。

糖化度が高いと、

細胞の炎症を促し、シミしわの原因になります。

つまりこの糖化度が高ければ高いほど、私たちは、老化する(老ける)といえます。

糖質制限を推奨する人たちもそれを主張する方が多いです。

ちなみに、糖を摂取した際の血糖値の下がり具合は、カロリー制限をしている人たちは、遅いというデータも出ていますね。

注目して頂きたいこと

「じゃあどうすればいいの?」という話になりそうですが、ここで運動群の糖化度をご覧ください。

Dr.Gotoの老化研究所 健康長寿より 画像引用
(クリックで飛びます。)

通常時の血糖値は、カロリー制限群より低くはないですが、糖化度は低いのがわかりますよね。

また、運動群は、糖を摂った際の血糖値の下がり具合がカロリー制限群に比べ低いのが分かると思います。

つまり運動している人は

多少カロリーを摂っても老化しにくい。

と言えます。

(運動の習慣がある人が若々しく見えるのも、そのためかもしれませんね。)

ここに時間軸を加えて見てみる

あと、サルは27歳前後が寿命だそうです。

私たちは、もっと生きますよね。

20代の頃は、食べなければすぐ減って良かったのに

というのは、

時間が経っている。ということも加味しましょう。

20代、30代ではカロリー制限が、肌ツヤの調子が良く感じたかもしれません。

まだその年齢では糖化度の影響も少ないのでしょう。

しかし、40代、50代となると。

糖化度が上がり、細胞の老化が進み消費できるカロリーや新陳代謝が悪くなり、体重が増え、プロポーションが乱れてくるんです。

もしかしたら、あなたも実感しているのではないでしょうか?

・カロリーは摂り過ぎてもいけない。

・カロリーは摂らな過ぎてもいけない。

・運動を取り入れながら自分に合った摂取カロリーを捜す。

これが若く、且つ、人生を楽しく過ごす、

唯一の方法。

というのが私の考えです。

現代の栄養情報やダイエット番組について

現代の栄養情報やダイエット番組の流れは、

「カロリーよりも糖質に気をつけましょう。」

と言う

カロリーは気にしないでOK

と主張する番組が多いと思います。

私は、

「いや、その通りだけど、
カロリー
無視しちゃダメでしょ?」

と思います。

それって、

「今が平和だから、過去は忘れましょう。」

と言ってるのと同じだと思います。

過去を忘れてしまったら、

「カロリーを摂り過ぎて太ってしまう。」

という、同じ過ちを繰り返してしまいますよね。

「カロリーも気にしつつ、糖質にも気をつけましょう。」

だと思います。

・・・

ただ、日本人女性に当てはめて考えると、

・一般的にカロリーが少なくて、糖質が多すぎる女性が多い

・だから、カロリーは少し増やし気味で、糖質は少し減らしながら、自分に合った摂取カロリーや糖質量を捜しましょう!!

・もちろん、運動もしながら。

という事になります。

具体的には、

もこみち君みたいにオリーブオイルかけ過ぎてた人は減らさなきゃダイエットになりません。

脂肪分は少ないけど、パンとか糖質ばっかり食べてた人は脂肪を増やして炭水化物を減らす。

それも、運動をしながら。

ということです。

まとめ

いろいろな意見や主張がありますが、

やっぱりすべてはバランスなのだと思います。

長年ダイエットの現場で指導してきて、そう感じています。

何かに、特化した。
何かを、意識した。
何かだけを、食べる。

いう、

分かりやすいけどバランスの崩れたものは、

必ずリバウンドを招きます。

そういうのは、

一時的に変わることはできても、長期的に維持するのは難しいのが現実です。

いろいろと経験されてきたあなたなら、そこに気づいているのではないでしょうか?

「バランス」という言葉はつまらなく感じるかもしれませんが、

実は素晴らしい言葉なのだと思います。

プロポーションづくりなんてまさに「理想のバランス」づくりですよね。

お腹もお尻も足も、「全部細ければ美しい!」と感じるわけではありませんよね。

カロリー摂取も、
糖質の摂取量も、
プロポーションも、

あなたにとっての、

理想のバランスを探してみませんか?

 

いつもご覧頂きありがとうございます。

- 女性のダイエット専門パーソナルトレーナー 佐藤健二 -

長野県松本市、安曇野市、塩尻市、岡谷市、諏訪市、辰野町、駒ヶ根市などからお越し頂いております。

関連記事

  1. 今こそ!ウォーキングを習慣にするとき 437

  2. 自分を変えたい。そう思う全ての人へ 129

  3. 不眠や睡眠不足だと痩せない3つの理由

  4. ダイエットを成功させるには、〇〇に勝つこと 239

  5. 毎日体重測定をした方が、ダイエットが成功する理由 414

  6. デスクワークでボディラインに差が出る、4つのポイント 323…

プロフィール


私のホームページにお越し頂き
ありがとうございます。

長野県松本市で活動しております、

女性のダイエット専門パーソナルトレーナー
佐藤 健二 (サトウ ケンジ)です。


興味を持たれましたらご相談ください。


詳しいプロフィール

営業時間

【営業日】
火~金 10:00~21:00
土   10:00~20:00
月     9:00~17:00(出張のみ)

 

【定休日】

アクセス

長野県松本市渚 1-7-1 ライフサイト内
ルネサンス松本⇒地図

  1. 2020.09.26

    ダイエットで成功するコツ『比べるのは過去の自分』

  2. 2020.09.15

    トレーナーが教える、膝の痛みを改善する3つのアプローチ

  3. 2020.09.03

    ダイエットは彫刻や絵画と同じ 449

  4. 2020.08.28

    摂取カロリーを増やしても痩せる人、2つのパターン

  5. 2020.08.21

    体脂肪は、エネルギー不足になると減る 447