ダイエット中のお花見で、気をつけたいこと3つをご紹介 383

今回は、ダイエット中にお花見に行くなら、気をつけたいこと3つをご紹介します。

はじめに

4月も後半になり、ようやく松本市も桜が満開になりましたね。

桜も、寒さから解放され、一気に満開になったような印象です。

写真は、松本城です。

あなたも週末には、お花見に行かれるのではないでしょうか?

 

でも、

「ダイエット中でも、せっかくいくならお花見は楽しみたい。けど、食べて太るのも嫌だな。。。」

なんて不安な気持ちでは、せっかくのお花見も楽しさ半減ですよね。

 

そこで、ダイエット中のお花見で気をつけたいことを3つを、順にご紹介します。

1,気にせず楽しむ

まず、楽しみで行くお花見なら、ダイエットのことは気にせず、飲み食べしましょう!

週に1度くらい気にせず食べても、たいていの場合はオーバーしたところで、いつもより+700~1000kcal程度。

(ギャ〇曽根ばりに食べる人は別ですが)

たとえば、お昼を団子+ケーキ+お酒にすると、約+700~100kcalくらいになります。

脂肪で言えば、+0.1~0.2キロしか増えません。

それくらいならすぐに取り戻せますし、楽しむというストレス発散が、睡眠の改善や、やる気の源にもなるので、逆に消費しやすくなると言えます。

なので、基本的には「気にせず楽しむ。」で過ごしていただけると良いですよ!

それでも気になるあなたへ

「それでも気になる!できることはしたい!」

という方は、以下のことを実践してみてくださいね。

2,朝と夕を調節する

1日の摂取カロリーが、消費カロリーを上回らなければ、人は太れません。

ですので、お花見で、団子やケーキ、唐揚げなど、糖質や脂質を食べる。(食べちゃった。)という方は、その前後で、糖質や脂質を調整してみてください。

あらかじめ「いったら食べちゃう(飲んじゃう)な~」と分かっている方は事前に減らし、「ついつい食べちゃった(飲んじゃった)」という方は、夕食か、翌日の朝食を減らしたりすると良いです。

ここでのポイントは、タンパク質だけは減らさないこと。

以前のブログでもご紹介しましたが、プロテインは使えますよ♪

参考記事:女性のダイエットにプロテインがおススメな理由

3,おつまみに、タンパク質を持参する

女性のお花見と言えば、三色団子。もしくはロールケーキとかお菓子といった、スイーツが多くなるのではないでしょうか?

ダイエットでも健康づくりでも、炭水化物を単体で摂取すると、血糖値が急上昇し、余った分が脂肪へと蓄積されてしまします。

ですので、食べ物を持ち寄る際に、ぜひタンパク質のおつまみなどを持参しましょう!

個人的には、あたりめ(イカ)がおススメです。(女性は抵抗がありますかね。汗)

それ以外なら、ちょっと高級なチーズや生ハム、サラミなど。

多少脂肪分が増えますが、炭水化物を単品で摂るだけよりは、血糖値の急上昇を抑えられるので、美容にも良いと思います。

(おいしいし、品のある量だから食べ過ぎが防げる。という目的で、ちょっと高級というのがポイントです。)

ちなみに私は、パーソナルトレーニングの合間に少しだけ時間ができたので松本城へ。

「花より団子より、プロテインクッキーだ!」

と意気込んで、タンパク質を意識してみましたが、、、

やはり見栄えが悪いですね。

お花見には、三色団子や桜ロールなどが合いますね。汗

まとめ

 

1,基本的には「楽しむ」を前提で
2,朝と夕で糖質・脂質を調節する
3,タンパク質のつまみを持参する

これなら実践しやすく、且つ、楽しめるのではないかと思います。

「お付き合いで仕方なく・・・」

というお花見なら、2と3(もしくは食べない)を徹底するのも良いかもしれません。^^;)

あるお客様の花見方法

ちなみに、このお客様は歩いて行かれたそうですよ!

片道30分、往復60分・・・。

それだけで、6000歩は行きますね。。。す、すごい。

(このお写真は、安曇野市の脳道沿いにある、黒沢川に咲く桜です。)

もし、お時間が許すなら(あと連れの方たちが許すなら)

消費して、摂取して、消費して帰る。

そんなお花見も、良いかもしれません。

(車で行かなきゃいけないなんてルールはありませんもんね。)

翌日の体重が気になる方へ

「飲み食べした翌日は、すごく体重が増えちゃう。」
という方は、

・糖質が筋肉に蓄えられたり、
・食べた分の老廃物が腸内に溜まったり、
・体内が水分で浮腫んでしまって、

体重が増えているだけです。

たいてい、飲んだり食べたりした翌日の体重増現象は、その3つが当てはまります。

 

対策としては、

1,当日か翌日、筋トレ+歩く
2,水分や食物繊維を摂り便通を促す
3,生の野菜や果物を摂り浮腫みを解消する

こと。

焦って食事を抜いたりしなくても、すぐに体重は戻ってくれますよ。

効果的、且つ、簡単なのは3で、運動不足な方には、特に1がおススメ。

もったいないのは、「どうでもいいや~」と気持ちが切れて、ダイエットが継続できなくなってしまうこと。

 

余計なストレスを感じて、日々ポジティブな行動が停止してしまわぬように、

ぜひ運動も取り入れてみてくださいね。

 

あなたのダイエットを応援しています。

- 女性のダイエット専門パーソナルトレーナー 佐藤健二 -

関連記事

  1. 運動して痩せたいけど、腰痛で悩むあなたへ 337

  2. リバウンドしないダイエットのコツ

  3. 加齢とともに太ってしまう主な理由2つ 309

  4. どんな人と付き合うかでダイエットの成功は左右される!?338…

  5. 代謝が低い人に共通する2つの勘違い習慣 208

  6. ダイエット中の誘惑を断つ!最強の方法

プロフィール


私のホームページにお越し頂き
ありがとうございます。

長野県松本市で活動しております、

女性のダイエット専門パーソナルトレーナー
佐藤 健二 (サトウ ケンジ)です。


興味を持たれましたらご相談ください。


詳しいプロフィール

営業時間

【営業日】
火~金 10:00~21:00
土   10:00~20:00
月     9:00~17:00(出張のみ)

 

【定休日】

アクセス

長野県松本市渚 1-7-1 ライフサイト内
ルネサンス松本⇒地図

  1. 2020.09.26

    ダイエットで成功するコツ『比べるのは過去の自分』

  2. 2020.09.15

    トレーナーが教える、膝の痛みを改善する3つのアプローチ

  3. 2020.09.03

    ダイエットは彫刻や絵画と同じ 449

  4. 2020.08.28

    摂取カロリーを増やしても痩せる人、2つのパターン

  5. 2020.08.21

    体脂肪は、エネルギー不足になると減る 447