体脂肪は、エネルギー不足になると減る 447


今回は『体脂肪は、エネルギー不足になると減る』についてお伝えします。

はじめに

蒸しかえるような暑さが続きますが、
体調は変わらず過ごせていますか?

20年前くらいはもっともっと涼しかった
記憶がありますが、、、

最近は長野県でも熱帯夜のような現象が
起きていますね。

・・・薄着の季節はまだまだ続きそうですね。

『夏真っ盛りで外出もしにくい雰囲気だけど、
 薄手の服から見える二の腕やわき腹、下っ腹
 とかのボディラインをなんとかしたい!』

そんな、夏をあきらめないあなたに、今回は、

体脂肪が減るメカニズムを、体脂肪目線も
交えつつ、解説します。

シンプルな話のはずなのに、なぜか減っていかない
体脂肪の謎が少しでも解消出来たら幸いです。

あなたのお腹に居座る、にっくきお肉(体脂肪)の目的

あなたのお腹にいつの間にか長く?居座っているお肉

にっくきお肉(体脂肪)。

つまんでみたり、
揺らしてみたり、
見て見ぬふりをしてみたり・・・

いろいろしても、ふてぶてしいほどに
居なくならない。

これだけ嫌がられているのに、
ずっと居座るなんて、ある意味
すごい精神力ですよね。

『はぁ、なんで落ちないんだよ。。。』

と悩まれたり、
人差し指でピンとはじく方も
多いのではないでしょうか。

もしくは半ば、あきらめ気味になったり。

・・・

さて、ここで思い切って、
お肉(体脂肪)目線で考えてみましょう。

なんでお肉は、そこに居座るのでしょうか?

体脂肪の主な役割『エネルギーの補充』

体脂肪は、ただそこにくっついてるわけ
ではない事はあなたもご存じですよね。

体脂肪には、いくつかの使命、と言うか
目的・役割があります。

・内臓の位置を整えたり
・衝撃から体を守ったり
・体温の調整をしたり
など。

そして、その中でも、
本来の一番重要な役割として、
『エネルギーの補充』があります。

エネルギーの補充とは?

人体には、
エネルギー不足になった時に
自家発電をしてエネルギーを補充する
システムが備わっています。

その理由は、

エネルギー不足になった時に、
即!内臓や筋肉や脳などの器官が
動かなくなったら困る
からです。

停電しても、大きな病院は自家発電に
即切り替わって、入院患者さんは
助かりますよね。

あれと同じです。

エネルギー不足になると、
体の中の糖分とか脂肪分を使って、
人体を動かすエネルギーを生み出します。

よく、何も食べなくても30日間は
生きられるといいますが、人体には緊急事態
自家発電システムが備わっているから、

という事が言えそうですよね。

(水は常に循環して体の外に出てってしまう
 ので、貯蓄できない。だから3~4日水を
 飲めないだけでも…という事なんですね)

エネルギー不足じゃない=体脂肪が使われない

ここで、体脂肪に、

『どうして、減らないんですか?
 こんなに嫌われているのに。』

とインタビューしたとします。

すると、おそらく体脂肪は

『エネルギー不足にならないからじゃ!』

と、あぐらをかいた頑固じいさんのように、
鼻息を荒げて、拳をグーにしてちゃぶ台を
『ドン!』と叩きながら言うでしょう。

そうなんですよね。

体脂肪は、意地悪でそこに居座っているワケ
ではないということです。

エネルギーとして使われる出番がないから
そこに居座るしかないんです。

体脂肪は、

・短期的なエネルギー不足だと、内臓脂肪が
・長期的なエネルギー不足だと、皮下脂肪が

エネルギーとして使われるように
できています。

女性の場合、
内臓脂肪よりも皮下脂肪が多い傾向がある
ので、長期的にエネルギー不足になれば
お腹などの、ぷにぷに皮下脂肪が減る、
ということになります。

摂取カロリーが少ないのに、脂肪が減らないワケ

『え?でも、だから食事を減らして
 摂取カロリーを少なめにしています。
 それなのに減らないんですが・・・』

という女性はとても多いと思います。

実際に大勢おられます。

これまで私が見させていただいたお客様も
8割の方は摂取カロリーが少ないのに、
痩せない。

という状態でした。

『なんで?』

それは、先にも説明しましたが、

『エネルギー不足になってないから。』

・・・

『なんで?』

と、改めて疑問が湧くとかもしれませんが、

ここで多くの方が勘違いしている事があります、
それは、、、

摂取カロリーを減らすだけだと、消費カロリーも減る

ここはハッキリと認識しておいて
いただきたいので、細かく説明しますが、

摂取カロリーを減らしても、活動量が
少なければ、消費カロリーは少ないままです。

摂取カロリーが少なくても、基礎代謝が
低ければ、消費カロリーが少ないままです。

また、私たちの体には、現状維持機構
(ホメオスタシス)がありるので、

摂取カロリーだけ減らすと、
消費カロリーも減ってしまう。

という現象が起こります。

だから、摂取カロリーだけ減らしても
エネルギー不足にならず、痩せません。

基礎代謝と活動量とは?

ちなみに、

1日の消費カロリー=基礎代謝×活動量
で求められます。

活動量は、そのまま1日の運動量ですね。

基礎代謝は、睡眠、便通、栄養の状況です。

(あと基礎代謝は、お薬、タバコ、飲酒が
 あると著しく下がります。
 これについてはまた書きます。)

カロリー?エネルギー?

カロリーやエネルギーが出てきて
頭がこんがらがりますね。

整理しますと、

カロリーとはエネルギーの単位の事です。

消費カロリー>摂取カロリーになれば、
体内でエネルギー不足になり痩せる。

という事です。

体脂肪燃焼には、ダブルアプローチが必須

まとめますと、

・体脂肪は、ただ居座っているわけではない

・体内でエネルギー不足になった時に
 はじめて、エネルギーを生む材料として
 体脂肪が使われて、減る

・エネルギー不足にするには
 食事だけでは無理(ホメオスタシス
 があるので)

・消費カロリーアップと摂取カロリーダウン
 のダブルアプローチで、エネルギー不足は
 達成される

・消費カロリーアップには、運動だけじゃ
 なく、生活習慣の改善(睡眠、便通、
 栄養摂取)が必要

・摂取カロリーは下げすぎると、基礎代謝
 まで下がる(ホメオスタシスの働き)ので、
 減らす範囲は基礎代謝量まで

という事です。

体脂肪には目的がある

体脂肪には目的があります。

それは
『エネルギー不足になった主人を守る事』
です。

こんなこと言うと『何言ってんの?』
と思わるかもしれませんが、人体に無駄な物は
一つもないので、本来の役割を知る事は重要です。

エネルギー不足になってないのに、
体脂肪が活躍する場面は一生きません。

なので、

頑固に腕を組んであぐらをかいてる体脂肪に
活躍する場面を用意してあげましょう。

喜んで燃えてくれるはずです。
目をにして。

基本的にざっくりまとめると、

『ダイエットは、食事と運動、両方頑張る!』

という感じです。

人体にはすべて目的があります。

『脂肪が落ちない』
『体脂肪がつきやすくなってきた』

これらは、目的があるということ。

あなたに何かを変えるメッセージを
送っているはずです。

それが、
運動なのか食事なのか生活習慣なのか…

それを探す旅に出る。

それがダイエットかな、と私は思います。

 

今回の内容で、

『体脂肪は、エネルギー不足になると減る』

という事がご理解いただけたら嬉しいです。

 

あなたのダイエットを応援しています

- 女性のダイエット専門パーソナルトレーナー 佐藤健二 -

長野県松本市、安曇野市、塩尻市、岡谷市、諏訪市、駒ケ根市などからお越しいただいております。

関連記事

  1. 太る原因を知り、痩せる方法を考える 382

  2. ダイエットの邪魔をする!?夏バテの対処法 330

  3. ダイエットは、忙しい人ほど成功します

  4. 家事、子育て、仕事が忙しい女性だからこそ、カラダを休めた方が…

  5. 不眠や睡眠不足だと痩せない3つの理由

  6. 2018年もありがとうございました。

プロフィール


私のホームページにお越し頂き
ありがとうございます。

長野県松本市で活動しております、

女性のダイエット専門パーソナルトレーナー
佐藤 健二 (サトウ ケンジ)です。


興味を持たれましたらご相談ください。


詳しいプロフィール

営業時間

【営業日】
火~金 10:00~21:00
土   10:00~20:00
月     9:00~17:00(出張のみ)

 

【定休日】

アクセス

長野県松本市渚 1-7-1 ライフサイト内
ルネサンス松本⇒地図

  1. 2020.09.26

    ダイエットで成功するコツ『比べるのは過去の自分』

  2. 2020.09.15

    トレーナーが教える、膝の痛みを改善する3つのアプローチ

  3. 2020.09.03

    ダイエットは彫刻や絵画と同じ 449

  4. 2020.08.28

    摂取カロリーを増やしても痩せる人、2つのパターン

  5. 2020.08.21

    体脂肪は、エネルギー不足になると減る 447