免疫力を下げずに痩せるための、3つのポイントを確認!

松本市でも、桜が咲き始めましたね。

本来ならがキレイ♩お花見いこ!なんて、ふわふわした気持ちになる4月ですが、「ダイエットしてて免疫力が下がらないか心配。」と、それどころじゃない方もおられると思います。

そこで今回は、免疫力を下げずに痩せるための3つのポイントを、確認していきたいと思います。

なぜ、私(佐藤)が免疫についてお伝えするのか?

なぜ私がこんなことをお伝えするのかと言えば、

免疫力が低いと痩せないから」という理由です。

また、以前のブログにも書いたのですが、私自身とても免疫力が低く、すぐ風邪を引いたり、毎年のようにインフルエンザにかかっていました。

その中でいろいろと試行錯誤したおかげか、今は、ほぼ風邪を引かなくなりました。(もちろんインフルも)

私の中では、ダイエット中でも、免疫力を低下させない(むしろ高める)方法が見つかっています

そのノウハウを3つに絞って、ダイエットの知識に結び付けてお伝え出来たら、と思います。

免疫力が低い方の共通点

まず、過去の私にも言えたことですが、免疫力が低い方の共通点をお伝えします。

その3つとは、

1,便秘
2,睡眠不足
3,低カロリーで栄養不足

です。

解説しますと、

1,便秘

大腸には、免疫力の7割が密集しているといいます。

その理由は、便(う〇ち)には体にとって有害な細菌やウイルスがいるから。

それが悪玉菌と言われる、ブドウ菌、ウェルシュ菌、大腸菌など。

(参考:大塚製薬「代表的な腸内細菌」より)

 

便秘とは、これらの菌が大量発生しやすい状況と言えます。

大量発生し勢力が拡大すると、人体へ大きな悪影響になります。

そうならないように、免疫力を便に使うわけです。

つまり、

便秘=大量の免疫力が使われている

大きな事件があって、警察官が大勢出払って、人手部足になってるイメージでしょうか。

そんな状況では、他の脅威が来た時に、太刀打ちできないんですね。

大きな事件=1日以上詰まってるう〇ち
大勢の警察官=大量の免疫力
人手不足=使える免疫力がもうない
他の脅威=他のウイルス

なので、

便秘=免疫が低くなっている

ということです。

2,睡眠不足

睡眠不足だと、免疫力が低下します。

これは、なんとなく分かるかもしれませんが、

「なぜ睡眠不足だと免疫力下がるのか?」

ということについて、少しだけ解説しますと、

体温が下がるから

です。

体温が下がると、免疫力は30%ほど低下するといいます。

朝日新聞DIGITALの記事では37%と書いてありますね↓

体温が1℃低下すると基礎代謝はおよそ12%低下し、免疫力は37%も低下すると言われています。つまり体温が下がると一日の消費カロリーが減り、ウイルスにも感染しやすくなるということ。ダイエット中に限らず、今は「体を冷やさないこと」が鍵になりそうです。

朝日新聞DIGITALより引用

あなたもきっと1度くらいは経験があるかもしれませんが、睡眠不足で風邪を引いたことがあったりしませんか?

私は、(忘れもしない)4年前の4月に、家族とはしゃいで飲み食いした翌日、私だけインフルになりました。

睡眠時間は、3時間でした。

不思議だったのは、家族全員、私以外だれもインフルにならなかったこと。

ちなみにみんな睡眠時間は3~4時間くらいでした。

その一件で、私の免疫力の低さに気がつけました。

(なぜ私だけがかかったのかという推論は、後述します)

ちなみに、睡眠不足の解消には、3つポイントがあると思っています。

1つ目は、時間(最低6時間確保する)
2つ目は、質(最低6時間は起きない)
3つ目は、毎日(睡眠負債を無くす)

1,2の条件を毎日クリアすることで、睡眠不足解消につながると思っています。

朝起きて、

「あ~目がしょぼしょぼする~、開かない~」
「起きれない~、布団から出たくない~」

アラーム音が鳴っても、(無意識、且つ、反射的に)止めて、二度寝三度寝を繰り返すような状態は、睡眠不足。と思ってください。

もちろん、起きる直前まで、メラトニンが出ているわけですから、朝は誰でも眠いと思います。

でも、「起きれない。疲れが抜けない。」というのは、睡眠不足の可能性がとても高い

ということです。

(それと「早く寝ても、途中で起きちゃう」という方もとても多いです。これについても、その改善法を後述します。)

3,低カロリーで栄養不足

ダイエットでは、食事を低カロリーにしない方はいないと思います。

脂肪を燃やすため

ですよね。

ですが、気をつけてください。

カロリーを減らすときに、栄養まで減らしてしまうと、免疫力が低下します

体の免疫システムには、外側の免疫と、内側の免疫があります。

外側の免疫が、粘膜
内側の免疫が、白血球

です。

戦国時代に例えるなら、

粘膜=城壁とかお堀
白血球=家来、家臣

というイメージ。

粘膜は、ビタミンA、脂質
白血球は、タンパク質、ビタミンC

といった栄養素が、必要不可欠です。

「痩せたいから何も食べません!」とか「体重が増えるのが怖くて食べれません」をやっていると、

これらの栄養素が刻々と減ってくるので、やがて免疫力が低下します。(お気持ちは分かるのですが、)

ちなみに、

炭水化物には、食物繊維もけっこう含まれます。

糖質を減らしたら、食物繊維まで不足してしまい、便秘になりやすくなる。

ということも、よく起こります。

・・・

今まで無理して落としていた体重は、これらが削られていた体重

ということです。

痩せたけど、

免疫が低くて体調を崩しやすい。
潤いが失われて、肌はカサカサ。

・・・そんな姿は望んでいませんよね。

もちろん、その先にはリバウンドが待っているわけです。

それでも、体重の増加が怖いのなら、サプリで簡単に上記の栄養素は摂れますから、私はそれもおススメしています

「でも一生サプリを摂るの?」と不安に思うかもしれませんね。

それについても、最後に提案がありますので、このままお読みいただけたらと思います。

ちなみに、

ビタミンAは、ニンジン、かぼちゃ

脂質やタンパク質は、魚(サバ、イワシ、アジ)、肉(牛、豚、鶏)、卵

ビタミンCは、果物、レモン、ピーマン、パプリカ

などに多いです。(ググっていただけるとすぐ出ます。)

免疫の低い方のまとめ

ダイエットで免疫力が低くなる方の共通点は、

1,便秘「免疫の人手不足」
2,睡眠不足「免疫システムが機能しない」
3,低カロリーで栄養不足「免疫が弱くなる」

です。

つまり、

これらを解消すればいい。

ということです。

炭水化物を朝と昼くらいは食べ夜は熟睡を目指しサプリを摂って不足する栄養を補う

が、効果的だなと感じています。

・・・

さいごに、一番重要なことをお伝えします。

それらの質を、何倍にも高める方法があります。

それが、

体力をつけること。

です。

体力がつくと、便が出やすくなります
体力がつくと、睡眠の質が高まります
体力がつくと、炭水化物や食品をちゃんと食べても、体重は減ります

ほんとに、シンプルな結論なんです

何をやればいいのかというと、

毎日たくさん歩くこと
週に1度の筋トレ

です。

それらの運動をできるようになると、

血流やリンパが全身をめぐり、腸のはたらきが良くなり、便が出る

筋肉に刺激が入り、体温が上がるので、眠りの質が向上する

消費カロリーが増え、食品から栄養と一緒にカロリーを多少摂っても、痩せる

と、つながります。

また、週1の筋トレ、毎日歩くを、

継続する=体力がつく/体力ある
継続できない=体力がつかない/体力がない

です。

運動が習慣になって、体力がつけば、

「夜、眠れません。」ということが無くなり、わざわざサプリを摂る必要もなくなります

実際、

痩せることが目的だから、痩せられれば何でもいい。

という方は多いです。

でもきっと、痩せた後、それを維持したいのではないでしょうか?

その目的もあるならば、やはり運動は欠かせません

ちなみに、私は昔、週3~5日筋トレに励んでいました。

毎日疲れていました。

そんな常に疲れが溜まっている状態だったので、

4月の感染力が弱いような、脆弱なインフルエンザにかかったのだと思います。

私の免疫力が、その脆弱インフルを超えて、さらに脆弱だったのでしょう。(そう考えると、つじつまが合います。)

だから、忙しいあなたにおススメしたいのは、週に1度の筋トレ

これで十分、まずは結果が出ます。

あとは、毎日歩くこと

週に1回筋トレ、歩いて燃やす

イメージは、

週に1度の筋トレ=車のエンジンを大きくすること
毎日歩くこと=車を運転すること

1週間後には、だいたい元の大きさのエンジンに戻ります。

だからまた筋トレをして、エンジンを大きくして、燃料(脂肪)をたくさん使える状態にする

その脂肪が燃えやすい状態で、たくさん歩く

だから、燃料(脂肪)が減っていく

おそらくこの考えが、長年やってきて思う、ダイエットのメカニズム

また、たくさん運転するから、メンテナンス(便通、睡眠、栄養)が必要になる

そこで、

メンテナンスをちゃんとすれば、故障しにくくなる(免疫力が高くなる

メンテナンスを怠ってしまえば、故障しやすくなる(免疫力が低下する

・・・

運動をすれば免疫が下がる。

と、恐怖を煽るような情報だけが流れますよね。

でも、冷静に考えてみれば、

「その後に、免疫が上がる」わけです。

むしろ、何もしなければどんどん下がるわけです。

つまり、運動をしたら、

その分ちゃんとトイレに行く
その分ちゃんと眠る
その分ちゃんと栄養を摂る

ということが重要になってきます。

トレーニングして、お酒を飲んで、夜更かししてるから、免疫が下がったままになるんですね。(過去の私のように)

ポジティブな行動は、やり方さえ間違えなければ、必ず良い連鎖を生みます

得体のしれない不安や恐怖は、思考停止→行動停止と連鎖させます。

今回の記事で、少しでもあなたの、運動への理解、気持ちが高まり、行動に移していただけたら、うれしいです。

(※ジムでの運動が難しければ、自宅などで軽めの運動でも良いと思います!)

 

本日も、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

あなたのダイエットと健康を応援しています。

- 女性のダイエット専門パーソナルトレーナー 佐藤健二 -

長野県松本市、安曇野市、塩尻市、岡谷市、諏訪市などからお越しいただいております。

関連記事

  1. 6月も終わり。ダイエット中、夏場の体調管理 322

  2. もう12月ですね。あなたの来年の抱負は決まりましたか? 23…

  3. 夜うまく寝付けない、不眠症気味のあなたへ 143

  4. 女性のダイエットに、プロテインがおススメな理由と、コンビニで…

  5. お客様の感想「サリーちゃん足を解消できました!」339

  6. 「ちょっと無理すること」はダイエットを成功させる 312

プロフィール


私のホームページにお越し頂き
ありがとうございます。

長野県松本市で活動しております、

女性のダイエット専門パーソナルトレーナー
佐藤 健二 (サトウ ケンジ)です。


興味を持たれましたらご相談ください。


詳しいプロフィール

営業時間

【営業日】
火~金 10:00~21:00
土   10:00~20:00
月     9:00~17:00(出張のみ)

 

【定休日】

アクセス

長野県松本市渚 1-7-1 ライフサイト内
ルネサンス松本⇒地図

  1. 2020.05.20

    今こそ!ウォーキングを習慣にするとき 437

  2. 2020.05.16

    虹は何色?ダイエットの不安をかき消す「認識」の力

  3. 2020.04.28

    ダイエットを成功させる「習慣の変え方」

  4. 2020.04.19

    運動不足による弊害「腰痛」自宅で出来る超効果的アプローチ…

  5. 2020.04.13

    女性の下半身痩せに必要不可欠な2つの能力 433