痩せてる人の、『何もやってないよ~』は信じるべからず

gahag-0015584152

 

長野県松本市で活動しています、

女性のダイエット専門パーソナルトレーナー、佐藤です。

中学生、高校生になると少なからず進路を意識し始めますよね。

高校、大学などは義務教育ではないので。

私は意識しました。

そうなると気になるのが、成績の良い人の勉強法。生活。睡眠時間。食事。などなど。

そしてとうとうがまん出来ず『どんな風に勉強したり生活してるの?』って聞いてしまうんです。

そうすると、だいたい決まって、『家では何もしてないよー。』『特別なことはしてないよー。』『普通に過ごしてるよー』って言われるんです。

だから、『へぇーそうなんだ。』と思って何もしないでいると、結局何も行動せず、何も変わらず、成績はそのまま。

(現状から何も変えていないのだからあたり前ですが)

その時に、『何もやっていないとかいって、やっぱりやっているんだな。あいつは嘘つきだ。』なんて思ってしまうんです。

違うんです。

その人たちは、嘘を言っていたのではないのです。

って最近気づきました。

 

普通のレベルが違う

 

10年間、ダイエット指導をしてきて気付いたことがあります。

それは、〝痩せている人″は、何もやっていないのではありません。

無意識に『痩せていること』が出来ているんです。

つまり意識せずに良い事をしている状態

『え?どういうこと?』と思われました?

例えば、これから痩せるぞ!という人は

『週に3日は運動するぞー!』
『食事はタンパク質多めに摂って~…』
『よく噛んで~…』
『間食は何時頃に食べて~…』
『睡眠の質を高める為にこれをして~…』

他にもやることはたくさんあります。

これらを一つ一つ意識に上げ、実行していくのです。

忘れてて思い出したり、やってみて自分に合っていなかったら合うモノを探したり、効果がすぐに現れず不安になりながらも続けたりしながら。

ダイエットを開始すると、いつもとは全然違う行動になることが多いです。

それって、全然普通じゃない。ですよね?

すごく違和感というか、不自然さ。を感じると思います。

しかしそれを続けていると、だんだんと前ほど意識しなくても出来るようになっていきます。

そうこうしているうちに、続けていることで効果も現れ始めます。

そうなると『もっと続けよう!』と思い、また繰り返していきます。

そして気づいたら、今のあなたにとって『違和感のある、不自然なこと』『自然で当たり前な、普通なこと』になっているのです。

 

不自然を普通にする

 

もうお分かりかもしれませんが、痩せている人は運動や食事の摂り方などが、意識しなくても出来ている人なのです。

だから『特別なことはしてないよー。』とか『普通だよ~』とか言っちゃうんですね(笑)

ダマすつもりでもないのです。

ただ、普通のレベルが違うだけ…。

普通に、『週3日トレーニング』や『痩せている為の食事』をしているのです。

それならば、普通のレベルを上げればいいですね。

低いなら上がるしかありませんし。

不自然な事に一つずつ挑戦し、普通にしてしまいましょう!

不自然だった行動が、普通な行動になる。

これをたくさん増やせれば、あなたのカラダは必ず変わります!!

関連記事

  1. お客様の疑問「あんなに食べちゃっていいの?」 314

  2. パーソナルトレーニングの使い方『あなたは運転手』

  3. ダイエットは彫刻や絵画と同じ 449

  4. ダイエット中、お菓子をやめられない人へ 280

  5. お客様のうれしい変化をお伝えします 162

  6. ダイエットで重要なマインドとは

プロフィール


私のホームページにお越し頂き
ありがとうございます。

長野県松本市で活動しております、

女性のダイエット専門パーソナルトレーナー
佐藤 健二 (サトウ ケンジ)です。


興味を持たれましたらご相談ください。


詳しいプロフィール

営業時間

【営業日】
火~金 10:00~21:00
土   10:00~20:00
月     9:00~17:00(出張のみ)

 

【定休日】

アクセス

長野県松本市渚 1-7-1 ライフサイト内
ルネサンス松本⇒地図

  1. 2020.09.15

    トレーナーが教える、膝の痛みを改善する3つのアプローチ

  2. 2020.09.03

    ダイエットは彫刻や絵画と同じ 449

  3. 2020.08.28

    摂取カロリーを増やしても痩せる人、2つのパターン

  4. 2020.08.21

    体脂肪は、エネルギー不足になると減る 447

  5. 2020.08.12

    パーソナルトレーニングの使い方『あなたは運転手』