「体が硬い=悪いこと」だと思っていませんか? 265

 

 

「体が硬い=悪いこと」だと思っていませんか?

 

 

 

 

実は違うんです。

 

 

体が硬いのは、むしろ

良いことだったりするんです。

 

 

 

 

「なぜ?」

 

と思われましたか?

 

 

 

 

それは、

 

体は硬くなることで

あなたを危険から守ろうとしているからです。

 

 

そういう意味では、

 

体が硬い=

 

とも言えますね。

 

 

 

 

しかし、

 

関節や動きが硬いままでは

美しいボディラインづくりや

アクティブな日常生活に支障が出ます。

 

 

 

 

そこで今回は、

 

 

どうして体は硬くなるのか?

どうすればしなやかな動きを手に入れ

美しいボディラインを手に入れられるのか?

 

 

それについて

私の考えをお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

体が硬くなるのには目的がある

 

 

筋肉や関節が硬くなるとどうなるでしょう?

 

 

・動きにくくなる

・靴下が履きにくくなる

・姿勢が悪くなる

・消費カロリーが減る

・老けて見える

 

 

などデメリットが思いつきますよね。

 

 

 

 

 

 

では、

 

メリットは何だと思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

「え?メリット?」

 

 

って感じですよね。

 

 

ふつう硬いことのメリットは

考えないと思います。

 

 

 

 

私は、

硬くなり動かなくなることで

 

 

消費カロリーが減り、

ケガをする確率が減り、

生存率が上がると思っています。

 

 

 

 

たとえば、

 

 

・筋力が低い

・正しい姿勢を知らない

・正しい動作を知らない

・食事もろくに食べていない

 

 

そんな状態の人が、

たくさん運動したらどうなるでしょう?

 

 

 

 

ケガをしますよね。

おそらく。

 

 

 

 

偏った動きで関節に負担をかけたり、

エネルギー切れでフラフラしてしまったり、

フラフラした時に筋力で支えられなかったりして。

 

 

 

 

 

だから体は

あなたがケガをしないように

筋肉や関節を硬くするんです。

 

 

 

 

硬くなれば

 

・筋力が低い

・正しい姿勢を知らない

・正しい動作を知らない

・食事もろくに食べていない

 

 

そんな状態でも

「なんとかケガをせずに生きていけるだろう」

と、考えてくれているんです。

 

 

優しくて泣けてきますよね。

 

 

 

 

でも私たちは、

そんな状態なのに、

 

 

「ダイエットのために運動!」

「ストレス発散のために運動!」

 

と頑張り過ぎてしまうから、

 

 

体が硬いのが裏目に出てしまい

逆にケガをしてしまうんですね。

 

 

 

 

体を硬くする=親心

 

 

たとえばあなたの子供が

 

 

・知識も経験も浅い

・体力も無く病気がち

・世間知らず

・貯金も無い

・友達も少ない

・コミュニケーション能力が低い

・未成年

 

 

そんな状態で、

 

 

「明日から旅に出ます。アフリカに」

 

 

なんて言い出したら

あなたならどうしますか?

 

 

 

 

「笑顔で送り出します♪」

 

 

そんな親は

あまりいないと思います。

 

 

 

 

「全力で、止める!」

 

のではないでしょうか?

 

 

「アメリカならまだしも、アフリカかよ!

食べられちゃうぞ、ライオンとかに」

 

って思いません?

 

 

 

 

体も同じなんだと思います。

 

 

 

 

しなやかで柔軟性のある動きを手に入れるためには

 

全力で止める親を変えるには

安心して送り出せる、根拠が必要です。

 

 

お金とか、

宿泊先とか、

人生経験とか、

同伴者がいるとか、

コミュニケーション能力とか、

 

 

そういうのがあれば

親も少しは不安が解消できますよね。

 

 

 

 

それと同じで

体が硬い人が柔軟性を手に入れるためには

 

 

硬さを安心して手放せる

根拠が必要になります。

 

 

 

 

それは、

 

・ふらついた時に支えられる、【筋力】

・偏った負担をかけないための、【正しい姿勢】

・効率良く動くための、【正しい動作】

・動き続けられるための、【食事】

 

 

これらが必要になります。

 

 

 

 

ストレッチやマッサージも必要だけど…

 

 

一生懸命

「ストレッチやマッサージをやっているけど

なかなか変わらないなぁ。」

 

という人

けっこうおられると思います。

 

 

 

 

その理由はあなたの、

 

筋力、姿勢、動作、栄養状況

 

これらが関係している可能性が

非常に高いです。

 

 

 

 

 

 

私の

パーソナルトレーニングでは

 

筋力トレーニング以外にも

姿勢、動き、栄養を

これらを細かくご案内します。

 

 

そうすることで、

ストレッチやマッサージなどの効果を引きだし

ボディラインの引き締め、関節の痛み改善

などに繋がるんですね。

 

 

 

 

「じゃぁ自分には何が必要なんだろう。」

 

 

そう思われたらご連絡くださいね。

 

 

 

 

カウンセリング&体験トレーニングなど、お問い合わせはこちらから

 

 

 

 

 

 

いつもご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

- 女性のダイエット・ボディメイク専門パーソナルトレーナー 佐藤健二 -

 

長野県松本市、安曇野市、塩尻市、岡谷市、諏訪市、辰野町、駒ヶ根市などからお越し頂いております。

関連記事

  1. リバウンドせず痩せるために、習慣を変える理由

  2. 第300話 大量に行動をする前に・・・

  3. 「ダイエットのために代謝を高めよう!」と思ったときに、覚えて…

  4. 2月は痩せやすくも太りやすくもなります! 261

  5. ダイエット情報に触れる時に気をつけてほしいこと 192

  6. 50代、60代女性がダイエットで成功しやすい理由 397

プロフィール


私のホームページにお越し頂き
ありがとうございます。

長野県松本市で活動しております、

女性のダイエット専門パーソナルトレーナー
佐藤 健二 (サトウ ケンジ)です。


興味を持たれましたらご相談ください。


詳しいプロフィール

営業時間

【営業日】
火~金 10:00~21:00
土   10:00~20:00
月     9:00~17:00(出張のみ)

 

【定休日】

アクセス

長野県松本市渚 1-7-1 ライフサイト内
ルネサンス松本⇒地図

  1. 2020.09.26

    ダイエットで成功するコツ『比べるのは過去の自分』

  2. 2020.09.15

    トレーナーが教える、膝の痛みを改善する3つのアプローチ

  3. 2020.09.03

    ダイエットは彫刻や絵画と同じ 449

  4. 2020.08.28

    摂取カロリーを増やしても痩せる人、2つのパターン

  5. 2020.08.21

    体脂肪は、エネルギー不足になると減る 447