筋肉を目覚めさせる為の、たった1つの方法

筋肉が物置きになっていませんか?

gatag-00012303

 

長野県松本市で活動しています、

女性のダイエット専門パーソナルトレーナー、佐藤です。

 

前々回の記事で、カラダを引き締めるには、その部位の意識が入らないと締まりにくい。と書きました。

 

カラダを引き締める為には!?

 

では、どうすれば引き締めたい部位に意識を入れられるのでしょう?

 

それは、力を入れること

 

お腹だったら、お腹。二の腕なら、二の腕。お尻ならお尻。

 

まずは、引き締めたいその部位に力を入れられないと始まりません。

 

せっかくなので、今、ちょっとチェックしてみてください。

 

・お腹で特に、下っ腹を締めたい方、下っ腹に力が入りますか?

・お尻を引き締めたい方、お尻にキュッと力が入るでしょうか?

・二の腕を締めたい方、二の腕に力入りますか?

 

立った姿勢でも、座っていても、寝ていても、これが出来ないとカラダは引き締まりにくいです。

 

どうだったでしょう?

 

なかなか分かりにくかったのではないでしょうか?

 

そもそも引き締めたいと考えている部位は、意識がしにくいことが多いです。

 

力が入らず、日常でもあまり使えていないから、筋肉が緩むし、脂肪がつきやすい。と私は考えています。

 

使っていない部屋って物置きになってしまったりしませんか?とりあえず物をどんどん置いていってしまう。

 

部屋(筋肉)を使っていない(意識できない)ので、物(脂肪)がどんどん溜まっていく。

そんなイメージです。

 

力を入れられるようになれば良い

 

では、どうすれば筋肉に力が入れられるようになるのか。

 

取り掛かりやすい2つをご紹介します。

 

①筋肉が使われている動きを理解する

 

⇒筋肉は、ギュッと縮んだ時に力が発揮されやすく、意識も入りやすいです。それを理解しその動作を行うと分かりやすい。

 

・下っ腹なら、胸を張り、思いっきりお腹を凹ます。息を吐きながら。

・お尻なら、立った姿勢で、つま先をあげ、脚を後ろに引く。膝は伸ばしたまま。

・二の腕なら、肘を肩の高さまで後ろに引き上げ、更に肘をめいっぱい伸ばす。

 

これらの形が、筋肉を縮めた状態になります。

 

②触ってみる

 

・筋肉は、触ってあげると感覚が入りやすい性質があります。筋トレに慣れてきた人でも疲れてくる後半意識が入りにくい場面で、触ったり、軽く叩いたりして効かせることもよくあります。

 

ここで大事なポイントは、①をやりながら、というところになります。使おうとしながら触ることで、だんだんと感覚が研ぎ澄まされていきます。

 

力を入れること、これが引き締め(ボディメイク)の始まりです。

 

たくさんジョギングをしたり、食事を変えたりして、体重を落とすことはできてもボディラインは変わらない…。

 

それは、引き締めたい部位を使えていないから。

 

その為には、まず力を入れられるようにすること。簡単なようで意外と難しいこれは、引き締め(ボディメイク)の基本だと、私は考えています。

 

やってみると分かると思いますが、うまく力が入らないのって、分かるようになるまでは、イライラするんです^^;)

 

しかし、これが出来てトレーニングしているのと、出来ないのでは、ゆくゆくボディラインに大きな差が生まれます。

 

カラダを変える、そのはじめの一歩としてまず意識を入れられるようにしましょう!!

関連記事

  1. ダイエットの名言『ダイエットの失敗とは…』

  2. お客さまからよく頂く、質問3つをご紹介します 251

  3. カラダが硬い人が痩せにくい、3つの理由

  4. 1度のトレーニングで、集中力はどれくらい続くと思いますか?

  5. トイレを我慢していませんか? 206

  6. 痩せてもリバウンドしてしまう人は〇〇が変わらないから 247…

プロフィール


私のホームページにお越し頂き
ありがとうございます。

長野県松本市で活動しております、

女性のダイエット専門パーソナルトレーナー
佐藤 健二 (サトウ ケンジ)です。


興味を持たれましたらご相談ください。


詳しいプロフィール

営業時間

【営業日】
火~金 10:00~21:00
土   10:00~20:00
月     9:00~17:00(出張のみ)

 

【定休日】

アクセス

長野県松本市渚 1-7-1 ライフサイト内
ルネサンス松本⇒地図

  1. 2020.07.03

    ダイエットの価値観『結果が欲しければ効果にフォーカスする…

  2. 2020.06.18

    40代・50代女性が90日で5キロ痩せる!メリット・デメ…

  3. 2020.06.01

    ダイエット中の誘惑を断つ!最強の方法

  4. 2020.05.20

    今こそ!ウォーキングを習慣にするとき 437

  5. 2020.05.16

    虹は何色?ダイエットの不安をかき消す「認識」の力