『下っ腹を引き締めるには、どうすれば良い?』102

 

 

 

 

 

先日お客様から、

 

 

 

 

『わき腹と、お腹の上は締まっているんだけど、下っ腹が全然締まらなくて…』

 

 

 

 

と、ご意見を頂きました。

 

 

 

 

その方は、普段から週3日くらいトレーニングをしている女性で、熱心にお腹周りも鍛えている女性です。

 

 

 

 

おそらく、これだけやっているのになぜ下っ腹だけが締まらないのか、不思議で仕方なかったのでしょう。

 

 

 

 

私の答えは簡単。

 

 

 

 

『下っ腹が使えていないから。』

 

 

 

 

でした。

 

 

 

 

その方へのアプローチを、今回分かりやすくお伝えします。

 

 

 

 

 

ステップ① 姿勢が良いか?

 

 

 

 

まず、

 

 

 

 

姿勢が悪いとお腹って締まりにくいんです。

 

 

 

 

あなたもやってみてください。

 

 

 

 

手近なイスに座って、

 

 

 

 

背もたれにもたれかかって、

 

 

 

 

股の間を覗き込むように

 

 

 

 

力を抜いて下を見てください。

 

 

 

 

お腹がぽっこり出ませんか?

 

 

 

 

その状態で、お腹を目いっぱいヘコませてみてください。

 

 

 

 

ヘコみにくくないですか?

 

 

 

 

真っすぐ立ってヘコませるより。

 

 

 

 

え?ばっちりヘコんでる?

 

 

 

 

そんなあなたには、今回の記事は必要ないかもしれません。

 

 

 

 

姿勢が悪いとお腹はヘコみにくく、使いにくいので締まりません。

 

 

 

 

姿勢を整える。

 

 

 

 

まずはこれが基本です。

 

 

 

 

 

ステップ② お腹はしっかりヘコむか

 

 

 

 

姿勢をつくれましか?

 

 

 

 

それでは、お腹をヘコませてみましょう。

 

 

 

 

どうやるか?

 

 

 

 

では、まず立ちましょう。

 

 

 

 

良い姿勢で。(胸を張る感じ)

 

 

 

 

そして、思いっきり息を吸い込んでください。

 

 

 

 

お腹が風船みたいに、パンパンに膨らむように。

 

 

 

 

そして、口から思いっきり吐き切りましょう。

 

 

 

 

その時にお腹を思いっきりヘコませます。

 

 

 

 

風船の空気が全部抜けるように。

 

 

 

 

カラダの中が真空になるように。

 

 

 

 

(姿勢は良いまま維持します。)

 

 

 

 

その時に、お腹のどこがヘコんで、お腹のどこに力が入ったでしょうか?

 

 

 

 

もしあなたが、

 

 

 

 

お腹全体がヘコんで、下っ腹まで力が入った感じがしたら、かなり優秀です。

 

 

 

 

 

ステップ③ その状態で、腹筋をしてみる

 

 

 

 

もしも!

 

 

 

 

ここまでの②ステップがクリア出来たら、

 

 

 

 

あとは腹筋運動などをすれば良いです。

 

 

 

 

その際に、お腹をヘコませてやるのです。

 

 

 

 

いろんな腹筋運動がありますよね。

 

 

 

 

ぜひ試してみてください。

 

 

 

 

もちろん、

 

 

 

 

腰を痛めないように気をつけながら。

 

 

 

 

あなたが運動不足気味ならなおさら。

 

 

 

 

無理は禁物です。

 

 

 

 

少ない回数・種目数から始めて徐々に増やしていくことが大切。

 

 

 

 

 

女性のお客様の場合は…

 

 

 

 

ちなみに、先ほどの女性のお客様の場合は、

 

 

 

 

ステップ②まで進んでいました。

 

 

 

 

しかし、

 

 

 

 

トレーニングをする際に、

 

 

 

 

下っ腹をヘコませ、使っている感じが抜けてしまっていました。

 

 

 

 

『なるほど~』

 

 

 

 

と納得されたご様子でした。

 

 

 

 

カラダは、

 

 

 

『適度に使えれば引き締まり、使われなければゆるみます。』

 

 

 

 

あなたが、気になっているカラダの部位はどこでしょう?

 

 

 

 

プルプル震える二の腕?

 

 

 

 

横に広がったお尻?

 

 

 

 

ジーパンにつっかえてしまう内もも?

 

 

 

 

上に書いたステップで試してみてください。

 

 

 

 

それができればカラダは変わるかもしれません。

 

 

 

 

試してみる価値、アリですよ。

 

 

 

 

(※分かりやすく腹筋をすれば、お腹は締まると書きましたが、

 

 

 

 

腹筋運動だけをしていると、筋バランスが崩れ、姿勢が崩れ、腰痛の原因にもなったりします。

 

 

 

 

トレーニングは、無理せず、正しく、バランス良く。偏らないようお気をつけください。)

 

 

 

 

 

 

いつもご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

- 女性のダイエット専門パーソナルトレーナー 佐藤健二 -

長野県松本市、安曇野市、岡谷、辰野などからお越し頂いております。

関連記事

  1. お腹を引き締めたいならスクワットが効きますよ! 257

  2. いきなりキツイトレーニングはしないでください

  3. ウォーキングで綺麗なボディラインを創るための3つポイント 2…

  4. 甘い物への欲求を減らし、脂肪が燃える体になる方法 399

  5. ヒップアップトレーニングが流行っていますね 199

  6. 女性のダイエットは何から始めると良いか 429

プロフィール


私のホームページにお越し頂き
ありがとうございます。

長野県松本市で活動しております、

女性のダイエット専門パーソナルトレーナー
佐藤 健二 (サトウ ケンジ)です。


興味を持たれましたらご相談ください。


詳しいプロフィール

営業時間

【営業日】
火~金 10:00~21:00
土   10:00~20:00
月     9:00~17:00(出張のみ)

 

【定休日】

アクセス

長野県松本市渚 1-7-1 ライフサイト内
ルネサンス松本⇒地図

  1. 2020.09.15

    トレーナーが教える、膝の痛みを改善する3つのアプローチ

  2. 2020.09.03

    ダイエットは彫刻や絵画と同じ 449

  3. 2020.08.28

    摂取カロリーを増やしても痩せる人、2つのパターン

  4. 2020.08.21

    体脂肪は、エネルギー不足になると減る 447

  5. 2020.08.12

    パーソナルトレーニングの使い方『あなたは運転手』