ダイエット中、つい過食をしてしまうあなたへ、対処法3つをご紹介

ダイエット中、「せっかく頑張ってるのに、ガマンできなくて・・・」と過食をしてしまうことってありますよね。

そんなあなたに、ダイエット中過食をしてしまう理由と対処法を3つをご紹介します。

1、水、タンパク質、野菜・海藻はあるか?

まずはじめにチェックしていただきたいことは、栄養のバランスは偏っていないでしょうか?

ダイエットするときは、多くの方が食事を減らされます。

それ自体は間違っていないのですが、同時にバランスが偏ってしまっている方が多いです。

たとえカロリーが少なくとも、糖質中心の食事だと過食しやすいです。

なぜか?

それは簡単な理由で、栄養が足りていないから。

私たちの体は賢いので、必要な栄養が必要量摂れるまで、食欲が湧くようにできているんですね。

食事を、パンやシリアルバー、ゼリー等で置き換えても、必要量を満たすことは難しいです。

栄養バランスが破綻すると、過食します。

あなたの食事に、水、タンパク質、野菜・海藻はありますか?

2、お酒は満腹感を感じにくくなる

お酒を飲むと痩せにくくなると言われます。

その理由の一つに、「お酒に含まれるアルコールは、満腹感を感じにくくなるから。」ということが挙げられます。

アルコールは体にとって毒なので、体内に入ると肝臓で最優先に処理されます。

なので、アルコールの処理中に食べたものは、後回しにされます。

つまり、飲むときは飲まないときに比べて、食べたものの消化・吸収は遅くなり、血糖値も上がりにくくなります。

血糖値が上がりにくいと満腹中枢へ刺激がいかないので、満腹感を感じにくくなります。

あなたも飲み会などで「つい、いつもより食べちゃった。」という経験がありませんか?

「少量だから。」「糖質ゼロだから。」といって毎日飲んでいると、過食に繋がっている恐れがあります。

「依存はしてないけど、そういえば毎日ちょこっと飲んじゃってた。」という方。

これを機に、休肝日をつくってみてはいかがでしょうか。

3、ストレス発散が「食べることだけ」は危険

ストレスは誰にでもあると思いますが、ストレスの発散の方法はひとそれぞれ。

そして多くの方のストレス発散法の一つに、「食べること」があると思います。

(私もそうです。)

糖質や脂質を摂ると、脳内に幸せホルモンが分泌され、ストレスホルモンとのバランスが整い、穏やかな気持ちを取り戻せます。

ただこの方法の難点は、太ること。

ストレス発散に「ひとくちでOK♪」という方は、ほとんどいないと思われます。

だから、つい糖分や脂肪分を摂り過ぎて、カロリーオーバーになってしまうんですよね。

「食べることが唯一の楽しみで、、、」
「食べてる時だけがしあわせを感じる。」

という女性は少なくないのですが、それではストレスがゼロにならない限り、ストレス発散の過食は減らないですよね。

ですから、他のストレス発散法を見つけることが重要になります。

趣味を見つける、友人とおしゃべりをするなど、カロリー摂取しないストレス発散をするのも良いです。

でも、一番のおススメなのは、運動です。

まだ運動が習慣になっていない人にとっては不思議に感じるかもしれませんが、

運動が習慣になると、過食することが激減します。

「え、運動したらお腹が空いて食べ過ぎちゃうんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、運動をしている人の方が、過食せずにいられることが多いです。

実際パーソナルトレーニングを始められると「間食しなくていられるようになりました。」などのご報告を多くの方からお聞きします。

もちろんダイエットだから頑張ってくださっているのもあると思いますが、他の理由として、運動をすると幸せホルモンが分泌されるからだと考えています。

ちなみにこの運動とは、ウォーキングでも、自転車でも、軽い強度のものでもOKです。

重要なポイントは、集中して行うこと。

ケータイをいじりながら、TVを観ながらだと、ストレス発散の効果は半減します。

(何もやらないよりはいいですが。)

歩くときは、歩くことに集中する。ということですね。

(良い姿勢で、お腹を締めて、呼吸を深く・・・といった感じで。)

ちなみに、体を引き締めるためのエクササイズは、必然的に運動の強度が上がるので、自然と集中力が増します。

キツさはありますが、ストレス発散もできて、体も引き締まって、過食は抑えられて、、、と良いことの方がはるかに多いです。

まとめ

1、栄養のバランスをとる
2、休肝日をつくる
3、「食」以外のストレス発散をみつける

あなたに足りないことはありましたか?

過食は、意志の弱さよりも、それ以外の理由からくることが多いです。

「私は食べるのが唯一の・・・」と自分を決めつけてしまう前に、これらにチャレンジしてみてください。

不思議なもので、「自分は意志が弱いから。」と言ってしまうと、変われなくなります。

あなたを決めるのは、あなた。

あなたを変えれることができるのも、あなたです。

「私は絶対変われる。過食も減らせる!」

そう自分に言い聞かせて、なにかアクションを起こしてみてはいかがでしょうか?

(偉そうにすみません。自分に言い聞かせるつもりでも書いています。)

さいごに

運動をしたくても、関節が痛かったり、体力に見合わないことをすると、達成感が得られず、ストレス発散ができないこともあります。

もし、関節や体力に不安があれば、パーソナルトレーニングを受けると、安心して行えますよ。

車はディーラー、病気は医者。のように、

運動は運動の専門家である、パーソナルトレーナーにお任せくださいね。

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

 

- 女性のダイエット専門パーソナルトレーナー 佐藤健二 -

長野県松本市、安曇野市、塩尻市、岡谷市、諏訪市、辰野町、駒ヶ根市などからお越し頂いております。

関連記事

  1. 残しちゃダメ、をやめる

  2. いろんなダイエットを試してきたけど、痩せられなかったあなたへ…

  3. 筋トレしたらムキムキにならないかなぁ?と心配な人へ 262

  4. 正しいダイエットは、食欲のコントロールが出来るようになります…

  5. やる気スイッチと本気スイッチ 310

  6. ダイエットの重要なマインド「ピンチはチャンス」

プロフィール


私のホームページにお越し頂き
ありがとうございます。

長野県松本市で活動しております、

女性のダイエット専門パーソナルトレーナー
佐藤 健二 (サトウ ケンジ)です。


興味を持たれましたらご相談ください。


詳しいプロフィール

営業時間

【営業日】
火~金 10:00~21:00
土   10:00~20:00
月     9:00~17:00(出張のみ)

 

【定休日】

アクセス

長野県松本市渚 1-7-1 ライフサイト内
ルネサンス松本⇒地図

  1. 2020.06.01

    ダイエット中の誘惑を断つ!最強の方法

  2. 2020.05.20

    今こそ!ウォーキングを習慣にするとき 437

  3. 2020.05.16

    虹は何色?ダイエットの不安をかき消す「認識」の力

  4. 2020.04.28

    ダイエットを成功させる「習慣の変え方」

  5. 2020.04.19

    運動不足による弊害「腰痛」自宅で出来る超効果的アプローチ…