ダイエット中の食事で、よくある間違い5つ

今回は、ダイエット中の食事で、よくある間違い5つをあなたにお伝えします。

はじめに

9月になりましたね。

松本市も涼しくなり、

「これからダイエットを頑張るぞ。」

という方も多いと思います。

そこで今回は、

ダイエットを始める方。

そして、

ダイエットをしている方に向けて、

ダイエット中によくある間違いを5つほどご紹介したいと思います。

糖質を減らすだけ。だから失敗する

糖質を減らすだけのダイエットは、失敗します。

その理由は、

栄養不足で脂肪を燃やせなくなるから。

近頃は、

ダイエットのためにも、健康のためにも

糖質を減らす重要性が、

広く知れ渡ってきたと思います。

たしかに、

ダイエット中は、糖質を減らす必要があります。

しかしそれと同時に、

脂肪を燃やすための栄養を摂らないと

脂肪はじきに、燃えなくなります。

だから、

ただ糖質を減らすダイエットを始めると、

体重が2~3キロ減ったところで止まります。

ちなみにその2~3キロは、半分以上が水分と糖分。

脂肪はあまり減っていません。

たまに炭水化物や甘いものを食べると、

体重が一気に増えるのはそのせい。

糖質を減らす=他の栄養素を増やす

これを覚えておいてください。

お肉100g=タンパク質100gではない

ダイエット中は、タンパク質を増やす必要があります。

ダイエット中に消費カロリーが低下しないようにするためです。

タンパク質は、

女性なら最低でも、1日に100g以上摂る必要があります。

誤解されがちですが、

お肉100g=タンパク質100g

ではありません。

お肉100g中に、タンパク質は15~20g程度です。

つまり、

お肉500~700gでようやくタンパク質100gになります。

普通に暮らしていてこんなに食べないですよね。

カウンセリング時に

「私はタンパク質足りてると思います!」

とおっしゃる女性のお客様に、

100gを達成していた方は、いまのところ一人もいません。

それだけ見落としがちな、

ダイエットの重要なポイントになります。

お水を飲むと太る。は大間違い

お水を飲むと太る。は大間違いです。

お水を飲んで体重が増えるなら、

今までが脱水気味だっただけ。

「お水を飲むと浮腫んじゃう」というのは、

ミネラル不足やタンパク質不足、運動不足なだけ。

お水は、血液、消化液、肌のうるおいなど、

代謝を高めるために一番大切な栄養素です。

お水を飲むと太るは大間違いで、

お水を飲むと痩せる。です。

一応飲む水にもよりますが、水道水はあまりおススメではありません。

ミネラルウォーターか、塩素のない水が良いと思っています。

便秘の方はほとんど水分不足。

お水も飲めないという方が多いです。

いきなりでなくていいので、少しずつ飲むようにしてみましょう。

1日300mlとか500mlとか。

1~3カ月くらいかけて。

そのうちに、

お肌だけでなく、便もうるおいを帯びて「スルッ」と出てきますよ。

便秘解消に野菜を食べ過ぎること

便秘解消には野菜がいいといいますよね。

しかし食べ過ぎると、

かさが増えすぎてしまい、逆に便秘になることがあります。

野菜に多く含まれるのは、水に溶けない食物繊維。

海藻やキノコには、水に溶ける食物繊維が多いです。

便秘解消には、2つのバランスが大事です。

食物繊維の目標は1日に20g

1対1くらいが理想なので、

不溶性食物繊維、水溶性食物繊維を

10gずつ摂れるといいですね。

「お水を飲んでも、野菜を食べても便通が解消しない!」

という方は、

海藻やキノコも食べてみてください。

ビタミンCも摂ると出やすくなったりしますので、

プルーンやアセロラなどの果物も、少量摂ると効果的ですよ。

「胃腸が弱いからタンパク質を食べない」は逆

長年、タンパク質不足の生活をしていると、

急にタンパク質を増やそうとしても、

おなかが下ったり、胃もたれしたり、だるくなったりして、

胃腸が受けつけないことがあります。

そうなると、

「私には合わないかも・・・」と

あきらめてしまいそうになると思います。

しかし、冷静に考えてみていただきたいのは、

胃も、腸も、消化酵素も、

すべてタンパク質からできています。

つまり、

タンパク質不足でこれまで来てしまった方は、

胃腸が弱くて当然とも言えます。

弱くない方もいますが、そこは個人差です。

ではどうすれば、タンパク質を消化吸収できるようになるのかと言いますと、

タンパク質を少しずつ増やしていくことです。

1日卵1個から。とか、
1日お肉50gから。とか。

消化吸収できる量から始めれば、

そのタンパク質を使って、体が作り替えられますから、

1~3カ月も経てばだいぶ食べられるようになります。

「胃腸が弱いからタンパク質を食べない」は逆で

「胃腸が弱いからタンパク質を食べる」べきです。

あなたの体は、

タンパク質が足りないから、

丈夫な胃腸を作れなかっただけで、

タンパク質を少しずつ摂ってあげれば、

体が勝手に丈夫な胃腸を作ってくれますよ。

だから安心して食べてくださいね。

細胞は何歳でも生まれ変わっていますから。

まとめ

糖質を減らしているのに体重が減らない。
便秘が解消しない。
浮腫む。
お水、タンパク質が食べれない。

女性のダイエットをサポートしていて、よくお聞きする悩みです。

今回お伝えした内容は、これらの解決につながるポイントです。

あなたのダイエットに活かしてみてください。

応援しております。

 

いつもご覧頂きありがとうございます。

- 女性のダイエット専門パーソナルトレーナー 佐藤健二 -

長野県松本市、安曇野市、塩尻市、岡谷市、諏訪市などからお越し頂いております。

関連記事

  1. 『ダイエット=食事制限』だと思っているあなたへ 107

  2. 母の日キャンペーンやっています。&冊子作成中です。 146

  3. ダイエットは頑張れる環境作りが重要な理由と、お客様の変化 3…

  4. 全然食べていないのに、痩せられない。それは本当に起こります。…

  5. ダイエット中のカフェと中華料理での過ごし方 334

  6. ダイエットの大敵、認知性食欲とは

プロフィール


私のホームページにお越し頂き
ありがとうございます。

長野県松本市で活動しております、

女性のダイエット専門パーソナルトレーナー
佐藤 健二 (サトウ ケンジ)です。


興味を持たれましたらご相談ください。


詳しいプロフィール

営業時間

【営業日】
火~金 10:00~21:00
土   10:00~20:00
月     9:00~17:00(出張のみ)

 

【定休日】

アクセス

長野県松本市渚 1-7-1 ライフサイト内
ルネサンス松本⇒地図

  1. 2019.09.21

    「ダイエットを頑張る=がむしゃらにやること」ではない

  2. 2019.09.18

    “こうありたい”自分に、もう一度…

  3. 2019.09.07

    「20年分の脂肪がスルスルと・・・」50代女性、3カ月後…

  4. 2019.09.05

    ダイエット中、季節の変わり目で体調を崩さないためのポイン…

  5. 2019.09.03

    ダイエット中の食事で、よくある間違い5つ