仕事後に、甘いものや炭水化物の食べすぎでお悩み方へ

「はぁ~、つかれた。」

と仕事を終え、

家に帰ってから、
または帰る途中で、

甘いものを食べてしまう。
炭水化物を食べすぎてしまう。

・・・

あなたにも経験がありませんか?

「食べなきゃいいのに、我慢できなくて」
「食べないとやってられません」

とよくお聞きします。

「食べなければ痩せると思うんですけど」

ともお聞きしますが、

「食べないと反動で夕飯を食べすぎてしまう」
「夕食後に間食を食べてしまう。結局」

ともお聞きします。

・・・

最近、この現象の根っこの部分の理由が、わかってきました。

「ストレスで食べちゃうんでしょ!」

というご意見が聞こえてきそうですね。

でも、冷静に観察してみてください。

仕事後は、誰でもお腹は空くはず。

なのに、

食べてしまう人もいれば、

食べずにいられる人もいる。

夕食までガマンできる人もいれば、

夕食までガマンできない人もいる。

・・・

同じ仕事後なのに、この差はなんだと思いますか?

もちろん食べずに済む方は、ダイエットも美容も健康づくりも、次のステップへと進んでいけるわけです。

今回は、仕事後の甘いものや炭水化物の食べすぎで悩む女性のあなたに、その理由をシェアしたいと思います。

食べてしまう本当の理由を知り、その具体的な対策を理解し、実際に行動につなげていただきたい。

そのために、まずはそういった女性に共通する、いくつかの事実を挙げます。

読みながら、理解の階段を登っていただけたら、嬉しいです。

ゆっくりと画面をスクロールしながら、読み進めてみてください。

朝は、寝起きが悪く、食欲不振

夜甘いものや炭水化物を食べ過ぎてしまう人は、

寝起きが悪い人が多い
朝は食欲の湧かない人が多い

という特徴があります。

逆に、

朝に食べすぎたり、甘いものを食べてしまう方は、少ないです。

むしろ食べれない方が多いです。

食欲が湧かなくて。

あと、そういう方は、

寝起きが悪い傾向があります。

目覚ましをかけてるけど起きれないタイプ。

朝起きれないのは、疲れが回復してないということ。

そして、

ぎりぎりまで寝ていて、起きてから忙しい/時間がない

寝起きから交感神経がいきなり刺激される

副交感神経の出番がほとんどなく、食欲が刺激されない(リラックスしていると食欲は刺激されるので)

朝、食欲が湧かない
無理やり食べても、胃痛や胃もたれする

と連鎖します。

対策は、

食欲が湧かない

今より1時間早く起きて、起床直後に水を飲み、ゆっくり朝を過ごすこと。

寝起きが悪い

早く起きれるように早く眠ること。睡眠の質を上げること。

・・・

「それが無理なんです」
「早く寝ても、寝つきが悪く、睡眠も浅いんです!」

という声が聞こえてきそうです。

その理由は、一番最後に解説するので、ちょっとガマンしてこのまま読み続けていただけたらと思います。

遅れて来る空腹感に、お茶の習慣

夜甘いものや炭水化物を食べ過ぎてしまう人は、

お昼前に、強烈な空腹感が来る
間食に、甘いものやおせんべいを食べる傾向あり

朝をあまり食べていない場合、9時~10時くらいに、かなりお腹が空くようです。

朝食をまともに食べていないので、お仕事がちょっと落ち着く頃に、空腹感を感じるのだと思います。

強い空腹感があると、脳がぼんやりして仕事に集中しづらくなりますから、仕事の効率が悪くなる。

だから間食をしたくなる。

手っ取り早く空腹感を満たすには、炭水化物や糖質。

その結果、間食の内容が、甘いものやおせんべいなど、和菓子・洋菓子になってしまうことが多いようです。

・・・

この、

「〇時だから、お茶にしよう」という文化。

忙しい職場であっても、ある所にはある。

特に、女性が多い職場に。

とても興味深い事実でした。

対策は、

・朝をしっかり食べること

これに尽きます。

朝を食べない

血糖値、血中アミノ酸濃度が低下する

それらの数値を上げるために食欲が湧く

なので。

朝食べれないと、負の連鎖が起きる。

ということです。

油の減らしすぎと、嗜好の勘違い

油(カロリー)を控えるために、肉は食べない
「私は炭水化物が大好き」と思っている

「消費カロリー>摂取カロリー=痩せる」だから、痩せたいので、カロリーを控える。

この思考は間違っていません。

しかし油は、少量でたくさんのエネルギーを産める、効率の良いエネルギー源です。

また、細胞は全身に60兆個あるといいますが、その細胞を覆う膜(細胞膜)の主要な成分も「油」です。

細胞膜の役割とは、家で言えばドアのようなもの。

油不足では、細胞のドアがうまく開閉せずに、

代謝に必要な物資(栄養)も、使われて出たゴミ(老廃物)も、出し入れできません。

つまり、油が不足すると、

細胞に栄養が届かないうえに、細胞内で老廃物が滞る。

代謝が低下する。

となります。

※実際、油を減らしているのに痩せない女性はとても多いです。

・元気に活動し、消費カロリーを増やす
・エネルギーを確保し、間食やムラ食いを防ぐ

そのためにも、油の減らし過ぎは逆効果。

油とセットでタンパク質(肉や卵)まで減らすから、さらに良くない。

・・・

また、よく「私は炭水化物が大好きなんです」という女性に出会います。

誤解してほしくないのですが、

95%以上の人が、炭水化物や甘いものが好きです。(もちろん私も)

ただ、その中でも、

少量で満足できる人と、たくさん食べなきゃ満足できない人がいる。

もしかしたら、

「炭水化物や糖質をたくさん食べないと、満足できない」

「あっ、私は炭水化物が大好きなんだ」

という風に思っているのではないでしょうか。

お客様の声を見ていただけると分かると思いますが、

運動を開始したり、タンパク質や油の摂取を前より増やすと、炭水化物や糖質の食べたい欲求って、減ります。(例外なく)

もちろん、みなさん炭水化物や糖質が嫌いになったわけではありません。

むしろ、前よりおいしく食べてると思います。(食べすぎを防げる安心感から)

・・・

のどがカラカラに渇いて水をたくさんを飲みたい時に、「私は水が大好きなんだ」とは思わないですよね。

体内の水分不足」による、「水への欲求」が、のどの渇きという「症状」につながります。

「炭水化物や糖質をたくさん食べないと満足できない」のは、それと同じです。

体内の〇〇不足」による、「〇〇への欲求」が、炭水化物や糖質がたくさん必要という、「症状」につながっています。

つまり、

炭水化物や糖質が大好き」なのではなく、「体内で〇〇不足」ということなんです。

〇〇はこの後すぐ解説します。

とにかく、今そういう状況の方は「私の体は、今はそういう状態なんだ」と認識してください。

意識を改めていただきたいことは、

・油は痩せるために必要な物
・タンパク質や油を増やすと、炭水化物(糖質)の必要量は減る

ということです。

ここまでのまとめ

夜、仕事後に炭水化物(糖質)を食べすぎてしまう方は、

・寝起きが悪い人が多い
・朝は食欲の湧かない人が多い
・お昼前に、強烈な空腹感が来る
・間食に、和菓子/洋菓子を食べる傾向あり
・油(カロリー)を控えるために、肉は食べない
・「私は炭水化物が大好き」と思っている

という特徴があります。

お気づきかもしれませんが、すべてが連鎖しています。

その連鎖が、仕事後の炭水化物(糖質)の食べすぎへとつながります。

ここまでを読むと、

食事は、タンパク質と油も食べよう
朝30~60分早起きして、朝しっかり食べよう
そのためにも、夜ふかししないで早く寝よう

という話になります。

・・・

もし、今回お伝えした対策を知らなかったなら、試していただけると良いと思います。

食事内容の改善と早寝早起きが続けられるなら、確実に変化を感じられます。

でも、

「知っていたけど、それがなかなかできない」

という方も多いのではないでしょうか?

「タンパク質や油が必要ってわかっているのに」
「早起きが大事だと分かっているのに」
「夜更かししないで、寝ればいいのに」

できない。

たまにできても、続かない。

だから結局、変わらない。

そんなことを、もう何年も繰り返してちゃってる。

・・・

ちなみに、

私もそれでかなり悩んでいたので、よくわかります。

お酒は飲まない方がいい
つまみに炭水化物(糖質)はやめた方がいい
夜は早く寝た方がいい
居間でうたた寝しない方がいい
寝る前にケータイは観ない方がいい
ケータイゲームはやらない方がいい
ケータイ動画はあまり観ない方がいい
やるべきことを後回しにしない方がいい
目標をもってコツコツ行動した方がいい
良い習慣を身につけていけば未来が変わる

そんなことは、分かっている。

それなのに、ついやってしまう。

それを何年繰り返したことか・・・

なぜ、分かっているのに行動が継続できないのか。

未来をもっと良くしたいのに、行動が伴わないのか。

意志が強い、弱いの問題ではない気がする。

でもそれが何なのか、雲をつかむようで分からない。

なんだろう・・・

常に考えていました。

そして最近、私の中で答えが出ました。

なんだと思いますか?

〇〇=エネルギー

その〇〇とは、エネルギーのことです。

(※宗教の勧誘とか、怪しい話ではありませんので、安心して読み進めてください。)

ここで言うエネルギーとは、単純に摂取カロリーのことではありません。

あなたが1日に使えるエネルギー(燃料)だと思ってください。

私たちは、エネルギー(燃料)不足になると、

甘いもの
炭水化物
居眠り
夜更かし
ケータイを見続けてしまう

など、

短期的な欲求/刺激に負けてしまいます。

つまり、自分にとって「楽」な行動を選択してしまいます。

朝は、コンビニの前を通っても何も思わないけど、
夜は、どうしてもコンビニに寄ってしまう。

朝は、「今日こそは食事頑張るぞー」と思っても、
夜は、「はぁ、やっぱり今日も無理…」と食べてしまう。

あなたにもそんな経験がありませんか?

ガス欠寸前なのに、ガソリンスタンドは通過(無視)できませんよね。

それと同じで、

エネルギー切れで、コンビニは通過できない。

エネルギー切れで、夜の炭水化物/甘いものの誘惑は無視できない。

ということです。

つまり、

家に帰るまでに、エネルギー切れになってはいけない。

ということ。

・・・

私たちが変わるためには、自分にとって楽じゃない行動が必要。

楽じゃない行動には、エネルギーが必要です。

エネルギー不足の疲れた状態では、たまに良い行動ができても、継続ができません。

そして気が付けば、結局いつも通りの行動/生活パターンに戻ります。

いわゆる「習慣」が変わらないということですよね。

習慣が変わらない=行動が変わらない

だから、いつまでも変われない。

変わらないばかりか、低下/衰退していく。

あなたが変わるためには、知識?エネルギー?

知識がなければ、正しい行動が出来ませんよね。

もし今回の話で、

「食事は、タンパク質と油も食べる」
「朝30~60分早起きして、食欲を刺激し、朝食をしっかり食べる」
「そのためにも、夜ふかしないで早寝する」

といった、知識や対策をはじめて知ったなら、まず試しにやってみると良いと思います。

でも、

「知ってるけど、できない」
「やってみたけど、続けられなかった」

という方は、

行動を継続できる体になるための、エネルギーを増やす具体的な行動を考えると良いと思います。

「どうすれば、エネルギーは増え、疲れにくい体になるのか?」

それは次回、また詳しくお伝えしていこうと思います。

さいごに

さいごまでお読みくださりありがとうございます。

今回の話は、かなり濃いめの内容だったと思います。

これを書くのに1週間かかりました(汗)

もし今回の話で、理解がまだ浅い感じがするなら、2度3度お読みいただくのをおススメします。

理解が深まり、ダイエットが成功へとつながっていくはずです。

すべて机上の空論ではなく、事実をベースに書いたので、参考になると思います。

私は、あなたが変わるお手伝いをしたいので、全部話します。

その分、情報量が多いです。

ご自分の知識として身につけていただけたら、うれしいです。

ではまた、次回をお楽しみに。

 

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

- 女性のダイエット専門パーソナルトレーナー 佐藤健二 -

長野県松本市、安曇野市、塩尻市、岡谷市、諏訪市などからお越しいただいております。

関連記事

  1. 女性のダイエット中の食事で、重要な3つの考え方

  2. 体の毒になる食品との付き合い方 288

  3. お客様の感想『もっと早く始めておけば良かった。』 184

  4. 全然食べていないのに、痩せられない。それは本当に起こります。…

  5. 筋トレしたらムキムキにならないかなぁ?と心配な人へ 262

  6. 『有酸素運動はどれくらいが効果的ですか?』佐藤流、有酸素運動…

プロフィール


私のホームページにお越し頂き
ありがとうございます。

長野県松本市で活動しております、

女性のダイエット専門パーソナルトレーナー
佐藤 健二 (サトウ ケンジ)です。


興味を持たれましたらご相談ください。


詳しいプロフィール

営業時間

【営業日】
火~金 10:00~21:00
土   10:00~20:00
月     9:00~17:00(出張のみ)

 

【定休日】

アクセス

長野県松本市渚 1-7-1 ライフサイト内
ルネサンス松本⇒地図

  1. 2020.02.23

    女性が栄養だけでは変わらない現実から考えられること

  2. 2020.02.04

    40代、50代女性が、疲れやすくなる理由

  3. 2020.01.27

    仕事後に、甘いものや炭水化物の食べすぎでお悩み方へ

  4. 2020.01.17

    N・M様から感想をいただきました。422

  5. 2020.01.14

    ダイエットで成功するコツ「シングルタスクでいく」