女性のダイエットにプロテインは必要?

今回は、女性のダイエットにプロテインは必要なのか?という疑問について私の考えをお伝えします。

はじめに

あなたが女性でダイエットの情報をチェックしていれば、一度はプロテインの存在を聞いたことがあるのではないかと思います。

ちなみに、プロテインとは、「タンパク質のサプリメント」のことです。

サプリメントは、「補う」という意味がありますから、タイトルの「女性のダイエットにプロテインは必要か?」を言い換えますと、

「女性はダイエット中、タンパク質をプロテインとして補う必要があるのか?」ということになります。

まず結論から

結論から申し上げますと、

ダイエット中は、ほとんどの女性に必要です。

そのわけは、食事から必要量を摂れる人が、ほぼいないから。

ダイエット中に必要なタンパク質の量は、理想体重の倍のg(グラム)と言われます。

50㎏を目指す人なら、1日に100g必要ということです。

ちなみに先日、お客様に送ったタンパク質100gの食品の目安はこちら。



(すみません、卵は2個で14gです。
文献により違いもあります。)

けっこう食品の数が多いと思いませんか?

だから、女性には食べられない人も多いです。

無理やり食べてもおなかを下してしまったり。

せっかく食べたのに、流れ出てしまったら、苦労が水の泡なんですよね・・・。

なんでそんなに必要なの?

「そもそも、なんでそんなにタンパク質が必要なの?」

という素朴な疑問もあると思います。

その理由は、消費カロリーを減らしたくないからです。

ダイエットは、摂取カロリーよりも、消費カロリーを多くすることで成功します。

でも人間の体はうまくできていて、

消費カロリーが上回ると、体重が減らないように、あわてて消費カロリーを減らそうとするんです。

そうすることで、現状を維持させ、死なないように頑張ってくれるんですね。

(貯金がなくならないよう、出費を抑えようとするのと同じです。)

その時に一番減りやすいのが筋肉

でも、筋肉が減ったら消費カロリーが減ってしまうので困ります。

だから、筋肉の主成分であるタンパク質を食事から摂って、筋肉が減るのを抑える必要があります。

タンパク質不足のままダイエットするとリバウンドする

ちなみにタンパク質不足で痩せると、リバウンドします。

脂肪といっしょに筋肉も減り、基礎代謝が低下してしまうからです。

たとえば、

体調を崩したとき、食べれなくて、体重が減ることってありますよね。

「痩せた!」と思ったけど、鏡越しに顔を見たら、なんかやつれた感じ・・・。

というのが、筋肉が減る痩せ方です。

そして1~2週後には体重も元に戻ってしまうんですね。

しかも、ほとんど脂肪として・・・。

頑張って食べれても50~70g

これは私しらべですが、

日本の女性は、頑張って食べても50~70gが、タンパク質摂取量の限界です。

個人差がけっこうありますが、理想体重の2倍のgを食べれる人は少ないです。

最近では肉食女子とか、女子の大食い。なども聞いたりしますが、

実際に指導していて、そんなにタンパク質を摂れる人は、人口の10%もいない。と感じます。

特に、40代以降の女性になると、消化にも負担を感じやすくなってますからなおさらです。

ちなみに一般的に売られているプロテイン1杯分のタンパク質量は、15~23gです。

そこで「理想体重の倍のタンパク質は食べれない!」という人は、食事で不足したタンパク質をプロテインで補う方法がおススメなんですね。

「頑張ってみたけど50gしか食べれません~」という方は、プロテインを1日2~3杯飲む。という感じになります。

プロテイン3つの負のイメージ

ただ、プロテインをすすめられると、抵抗を感じる女性は多いのではないでしょうか?

ちなみに私もそうでした。

高校生の頃、後輩が飲んでいたのを少し分けてもらったとき、

「めちゃくちゃ不味い!人工的な感じがするし、てゆーか本当に不味い・・・。」

と、「もうプロテインを飲まない!」と心に誓ったのを覚えています。

専門的な勉強を始めてからは、いろいろな種類や味があるのを知り、飲むようになっっていったのですが。

・・・私も含め、特に健康志向が強い女性には、飲む前に不安があると思います。

賛否両論ありますが、

私は「タンパク質が不足するなら、ダイエット中は飲んだ良い。」と考えています。

「ダイエット中は、プロテインを飲んででもタンパク質は摂らなきゃいけない。」ということです。

ちなみに、プロテインについてよく聞かれる、不安要素の代表的なものを3つ挙げてみましょう。

「人工的なのは健康上どうなの?」

健康面で考えたら、悪くはないけど・・・といった感じです。

やはり何でも自然な形の食品にかなうものはありません。

しかしそれが心配な方でも、ダイエット中、たとえば半年とか1年単位で飲んでも体調は悪くはならないというのも事実です。

ちなみに私のお客様は2年も3年も飲み続けている方がいますが、問題なく飲まれています。

「ムキムキになっちゃうじゃないの?それか運動しないで飲んだら太るんじゃないの?」

なりません。

間違ったイメージが刷り込まれているだけです。

運動しないで飲んでも、そもそもタンパク質自体が不足している栄養素ですから、プロテイン飲んで太ることはまず考えられません。

むしろ代謝が上がって痩せる可能性が高まるくらいです。

11年ダイエットに携わってきて、プロテインで太った方は、実際に見たことも聞いたこともありません。

それにダイエット中は運動はセットですから。

「すごく不味いって聞きました。(もしくは前に飲んだとき、不味かった。)」

基本的においしくはありませんが、昔よりはかなりマシになりました。

私は、不味すぎてトレーニング後にそれを飲むのがストレスで、捨てたこともあります(笑)

ちなみに現在も不味い物はあります。

ただ不味い物ほど、化学的・人工的なものが入っていないという自然志向なことも、お伝えしておきます。

(メーカーや商品名はここでは控えますが。)

プロテインは、ある程度飲める味でなければ続きません。(私のように。)

ですので、「おいしくはない。」という前提で「これなら飲める。」というものを探すといいです。

ちなみにココア味やチョコ味。というものを選べば、だいたいハズレません。

あとは商品レビューを見て買えば大丈夫かと思います。

まず、食べてみる。無理なら、飲んでみる。

最終的なまとめは、

まず、食事からタンパク質を食べてみる。

そして目標の量が食事では無理そうなら、プロテインを飲んでみる。

という流れで考えていただけたらと思います。

プロテインは、一生飲む必要はないんです。

結果を出すために必要なら飲む。期間限定で。

と切り替えられたら、ダイエットはきっとうまくいきますよ。

あなたのダイエットのご参考にしていただけたら幸いです。

追伸:

ちなみにですが、

便通がまったく問題ない女性は、一般的なホエイプロテインで大丈夫です。

ホエイとは牛乳から抽出した乳清というタンパク質です。)

しかし、便通が滞りやすい方には、植物性のプロテインがおススメです。

その理由は、腸内環境を悪化させたくないからです。

(植物性は悪化しにくいです。)

「植物性は、タンパク質としての価値が低い。」などと言われたりもしますが、

そもそも便通が良くないと、ダイエットはうまくいきません。

ですので、バランスを考えると植物性がおススメです。

大豆で作った、ソイプロテインが良いと思います。

(いろんなメーカーが出品しています。)

最後に

限りなく自然の形で、且つ、飲みやすく、腸内環境にも良い。しかも、安い。

そんなプロテインもあります。

(おいしくはないですが。汗)

私のパーソナルトレーニングを受けられている方には、それもご案内しています。

カウンセリング+体験トレーニングを受けられた方には、それも込みでお伝えしています。

ご興味のある方は、ご連絡くださいね。

 

カウンセリング+体験トレーニングのお申し込みはこちらからお願いします。

 

今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました!

 

- 女性のダイエット専門パーソナルトレーナー 佐藤健二 -

長野県松本市、安曇野市、塩尻市、岡谷市、諏訪市、辰野町、駒ヶ根市などからお越し頂いております。

関連記事

  1. 虹は何色?ダイエットの不安をかき消す「認識」の力

  2. かさ増しをするダイエットも要注意。私の食事アプローチ法をご紹…

  3. ダイエット中、行楽シーズンに旅先で気を付けたいこと3つ 34…

  4. 世の中、知らないだけで損をしていることって多いですが、ダイエ…

  5. 甘い物への欲求を減らし、脂肪が燃える体になる方法 399

  6. 大食いの人は魅力的に感じますが…続き

プロフィール


私のホームページにお越し頂き
ありがとうございます。

長野県松本市で活動しております、

女性のダイエット専門パーソナルトレーナー
佐藤 健二 (サトウ ケンジ)です。


興味を持たれましたらご相談ください。


詳しいプロフィール

営業時間

【営業日】
火~金 10:00~21:00
土   10:00~20:30
月     9:00~17:00(出張のみ)

 

【定休日】

アクセス

長野県松本市渚 1-7-1 ライフサイト内
ルネサンス松本⇒地図

  1. 2020.11.24

    Y・T様から感想をいただきました。

  2. 2020.11.17

    1日3分!おなか痩せに効果的な簡単エクササイズ

  3. 2020.11.03

    寒がり克服したいなら、運動がおススメな理由3つを解説!

  4. 2020.10.06

    パーソナルトレーニングで得られる結果・受けられるサービス…

  5. 2020.09.26

    ダイエットで成功するコツ『比べるのは過去の自分』