子供の風邪予防とダイエットの道筋 419

28日(土)が、パーソナルトレーニングの仕事納めでした。

パーソナルトレーニングを受けているお客様、

そしてこのブログをご覧になっているあなた、

今年も一年、ありがとうございました。

女性は、お忙しい方が多いと思います。

年明けくらい、体を休めるのも良いですよね。

寝正月でいいんじゃないでしょうか。

2019年度、我が家の風邪予防

自分の子や、甥っ子姪っ子がまだまだ小さ方も多いと思います。

小さいうちって、インフルや風邪になりやすいですよね。

免疫が低いのと、予防の意識が低いから。汗

そして、もらっちゃったりすることも、、ありますよね。

体調不良で、寝正月。

なんてことにならぬよう、お気をつけください。

我が家も、子どもが持ち込むウイルスの蔓延に、毎年おびえております。

そのため、毎年いろんなものを試してみてます。

その努力の甲斐あってか、

今シーズンは、娘二人とも風邪を引いておりません。

(鼻水は垂らしてるけど)

何をしているのかというと、ビタミンCと、ビタミンDの摂取。

なんでビタミンD?

寒さと乾燥が同時に来る、冬。

ウイルスには好環境なこの時期。

免疫力アップと言われる、ビタミンCが必要なのは分かりますよね。

でも、なぜビタミンDも効果的なのか、ちょっと不思議ではありませんか?

ビタミンDは、自己免疫力を高める。

ビタミンDは、日光を浴びると体内で合成される栄養素。

でも、冬は他の季節に比べ日照時間が少ない。

それに、冬場はウイルスも活性化している。

つまり、冬場は食べ物からのビタミンDの需要量が増える。

ということだと思います。

「じゃあ、日光を浴びればいい。」という話ですが、なんせ寒い。

それに、冬でも紫外線を気にする女性は多いと思います。

 

ビタミンCも、ビタミンDも、血液中の濃度が一番肝心。

それなら、食事から摂るのが現実的。

需要量が増えているんだから、やっぱりサプリが楽チン。

と、私は思います。

それに、体調崩してお薬や抗生物質飲むことになるよりは、サプリの方がよっぽど健康的ですし。

ちなみに、娘たち(7歳、4歳)は、

ビタミンCタブレット
 →2~3粒(1日800~1200mg)

ビタミンDグミ
 →2~3粒(1日100~150μg)

摂ってます。

ビタミンCは、レモン40~60個分。

ビタミンDは、イワシ丸干し7~10匹分。

「摂りすぎじゃない?」

と思われるかもしれませんが、過剰症は見受けられません。(むしろ元気。)

冬で需要量が増えているから、とも言えそうですよね。

ご参考になれば。

できるだけ、分かりやすく

問.
 9人の子供にえんぴつを1本ずつくばりました。
 えんぴつはあと6本残っています。
 えんぴつはぜんぶで何本あったでしょう?

 

7歳の娘(小学1年)の宿題です。

問題が理解できずに悩んでました。

単純に、9+6とだけ書いてあれば、すぐに分かるのですが。

文章になると、分かりにくくなる。

そこで、

こんな感じで、実際に並べてみたら、解けました。

私はダイエットも同じだと思っていて、

消費カロリー>摂取カロリー=体重減

このことは、だれでもお分かりだと思います。

単純明快ですよね。

たとえば、

摂取カロリーを1日230kcal減らせば、月に約-7000kcalとなり、

脂肪1キロ減=-7000kcalなので、ひと月で1キロ体重が減る計算です。

しかし実際は、

摂取カロリーを減らすだけでは、痩せないことが多い。

不思議ですよね。

摂取を減らせば、体重も減るはずです。

消費>摂取になるから。

でも体重が減っていかないということは、

消費=摂取だということ。

でも摂取は減らしたわけだから、

摂取を減らした分、消費も減ってしまった。

ということ。

つまり、痩せるためには、

1.消費カロリー>摂取カロリー=体重減

そうなるために、

2.消費が減らないように、摂取を減らす。
3.摂取が増えないように、消費を増やす。

じゃあ、どうすれば2と3を達成するのか。

というのを、

あなたの現状を加えて考えていけばいい。

歩いたり筋トレをしてないなら、運動を増やすことが必要かもしれないし、

食事を気をつけてないなら、食事内容の調節が必要かもしれません。

個人的には、両方同時にスタートする方が一番いいと思っています。

それもゆっくり。

私たちは、みんな似ているけど、スタート位置はみんな違います。

それぞれの現実があります。

特に、始まりが肝心で、

はじめに無理しちゃうと、体か心がついていけなくなる。

学校の授業で体育が苦手だった人って、けっこういると思います。

一人一人の体力に合わせた運動でなければ、嫌になっちゃう。

それと同じですね。

私は、家庭科の調理実習が苦手だったな~。

計画的に料理をする。というのが苦手でした。

それが今では、栄養のことにドハマりしてるんだから、不思議ですけど。

調理は相変わらず、雑ですが。汗

きっと、ゆっくりマイペースで続けているのが、飽きずに続けられているポイントなのだと思います。

まとめ

1.問題文があなたの現実
2.9+6のように、視覚化すると分かりやすくなる
3.答えを導き出す方法をいくつか考えて実践する

「ダイエットをして美しく痩せる」ことは、

小学1年生の問題集のような、単純なものではないです。

でも、必ず答えにつながる道があります。

無限にあると思う。

それを視覚化して、できるだけ迷わず進んでいくために、もっとわかりやすくサポートしていきたい。

というのが、2020年の私の抱負の1つです。

・・・

あなたは、来年の目標は立ちましたか?

いろいろな面の目標があると思いますが、健康面、美容面では何かありますか?

ダイエットや健康づくりとは、日々の積み重ね。

だからこそ、目標がなければ気持ちが続きません。

ぜひ、この年末年始も使って、考えてみてください。

目標は高く、焦らず、確実に。

がおススメです。

 

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

- 女性のダイエット専門パーソナルトレーナー 佐藤健二 -

長野県松本市、安曇野市、塩尻市、岡谷市、諏訪市などからお越し頂いております。

関連記事

  1. 仕事後に、甘いものや炭水化物の食べすぎでお悩み方へ

  2. キレイな人の、『何もやってないよ~』は信じるべからず

  3. あなたのカラダは低燃費になっていませんか? 229

  4. お客様のご報告「朝、早い時間にお腹空いた~^^ という感じで…

  5. お尻の引き締め、姿勢改善、腰痛予防したい人は、こうしゃがみま…

  6. 美しさを追求すると、自然と良くなる。 186

プロフィール


私のホームページにお越し頂き
ありがとうございます。

長野県松本市で活動しております、

女性のダイエット専門パーソナルトレーナー
佐藤 健二 (サトウ ケンジ)です。


興味を持たれましたらご相談ください。


詳しいプロフィール

営業時間

【営業日】
火~金 10:00~21:00
土   10:00~20:00
月     9:00~17:00(出張のみ)

 

【定休日】

アクセス

長野県松本市渚 1-7-1 ライフサイト内
ルネサンス松本⇒地図

  1. 2020.04.01

    「なんで私、毎日ダイエット頑張ってるんだろう」と思ったと…

  2. 2020.03.27

    お客様の感想「筋トレは1人じゃできないです~」 430

  3. 2020.03.22

    女性のダイエットは何から始めると良いか 429

  4. 2020.03.12

    おなかを引き締める秘訣は、理想姿勢の習慣化にあった!

  5. 2020.03.06

    ダイエットの重要なマインド「ピンチはチャンス」