1年中ダイエットしていませんか?(追記あり)325

あなたは、1年中ずっとダイエットしていませんか?

炭水化物をずっと食べていなかったり、運動をずっと頑張り続けていたり。

驚くかもしれませんが、ダイエットは1年中してはいけません

どうしていけないのか?今回はそれをお伝えします。

1年中してはいけない理由

私は、ダイエットを、

代謝を上げる努力
体重を減らす努力

分けた方が良いと考えています。

そして、今回論点になるのは、体重を減らす努力についてです。

体重を減らす努力を、1年中やっちゃいけないんです。

その訳は、

どうやっても代謝が下がっていくから。

「え?運動したり、栄養を取っていれば、逆に代謝が上がっていくんじゃないの!?」

と思いませんか?

そう思いますよね。

私もそう思っていました。

ですが、

これは結果論ですが、しい痩せる努力をしていても

体重が減らなくなる方を多く見てきて、違うのかなと気づきました

その理由について私の考えをお伝えします。

糖質をずっと抑えてると脳のストレス

以前の記事で、

糖質(炭水化物)は頻繁に摂っていては痩せないけど、

糖質(炭水化物)にはストレス発散という大きなメリットがある。

と書きました。

体重を減らすには、糖質不足にする必要があるので、どうしても食事から糖質(炭水化物)を少なめにする必要があります。

(運動で糖質不足にするのは限界があるので。)

なのでダイエット中は、たまに食べる日を作ったとしても

基本的には控えることになるのでどうしても精神的ストレスになります

それがずっと続けば、やる気の低下や代謝の低下に繋がります。

腸内環境が悪化する

そして、ダイエット中は

筋肉の減少を抑えるのと、運動を頑張れるように、たんぱく質をたくさん摂ります。

高タンパク食というのは、腸内環境を悪化させます。

焼き肉を食べに行った翌日、

便が滞りがちになったり、便のにおいがきつくなった経験はありませんか?

あれは腸内で悪玉菌が元気になってる証拠です。

ですから女性のダイエットでは、毎日お肉ばかりじゃなくて、

豆類や発酵食品からもタンパク質を摂ることが大事なのですが、

それでも

ダイエットで高タンパクを続けているとどうしても腸内環境は悪化していきます。

腸内環境が悪化すると、

栄養の吸収が悪くなったり、免疫力が低下したりして

代謝の低下→消費カロリーの低下

と繋がっていきます。

これは私の経験上ですが、

便秘がちな方はなかなか痩せません。

だから長期にわたるタンパク質の多量摂取はしてはいけないんですね。

筋肉や関節も疲れてくる

また、体重を減らす努力とは、運動を頑張る時期でもあります。

日々の活動量を増やしたり、

筋トレも「キッツー」というところまで追い込んだり、

翌日筋肉痛になるくらいが結果が出やすいです。

でも、これをずっと続けてしまうと

関節や筋肉や腱、じん帯などに疲労が蓄積し、ケガをしやすくなります

ですから、

やはり長期間で体重を減らす、がんばる運動はしてはいけないんですね。

痩せるときは、2~3ヶ月で

以上のことから、

私は、

痩せる努力(体重を減らす努力)は1~2ヶ月くらいがベストと考えています。

あなたに覚えておいて頂きたいのは、

〝体は常に一定を保とうとしている〟

ということです。

これがあるから、食べないだけのダイエットは失敗しますし、

ちゃんとしたダイエット法は、結果につながります。

私は、短期的なダイエットは良くないと考えています。

体重を減らす前後で代謝を上げる時期も必要だからです。

1年、2年、3年と、長い目でカラダを変えに行くことがとても大事なことです。

でも、体重を減らすのは短距離ダッシュのようなもの。

無理して続けていればカラダは悲鳴を上げてしまいます。

1年中、体重を減らす努力をしないでくださいね。

1~2ヶ月経ったら、嫌でも体重を減らす努力はやめなきゃいけない。

そう思えば逆に、

1~2ヶ月間ならしっかり頑張れる気がしませんか?

――――
 追伸
――――

今日は七夕ですね。

願い事のように、

叶うかどうかわからないけど叶ったら超うれしい。

それがおススメの目標設定です。

そんな目標を設定して始めてみませんか?

ーーーーー
 追伸2
ーーーーー

2019年6月現在、考え方が変わりました。

ダイエットは1年中であっても、大丈夫だと思います。

週に1~2日は食べるとか、内臓や筋肉を休ませてあげるとか。

途中途中で代謝を落とさないように、食事や運動を調節してあげれば良いです。

それでよりたくさんの結果が出るようになりました。

この時は糖質制限もススメていましたが、今は女性の糖質制限はおススメしなくなりました。(ストレスがかかるため。)

関節や筋肉、腸内環境を大切にすることは、今も変わりません。

糖質を摂り、途中で休みを挟み、1年中であっても無理なく確実に痩せられる方法を知りたい方は、ご連絡ください。

 

あなたのダイエットを応援しております。

- 女性のダイエット専門パーソナルトレーナー 佐藤健二 -

長野県松本市、安曇野市、塩尻市、岡谷市、諏訪市、辰野町、駒ヶ根市などからお越し頂いております。

関連記事

  1. ダイエットを成功させる「習慣の変え方」

  2. かさ増しをするダイエットも要注意。私の食事アプローチ法をご紹…

  3. お客様の感想「筋トレは1人じゃできないです~」 430

  4. カロリーは制限した方がいい?気にしなくていい? 362

  5. パーソナルトレーニングを週1回受けるメリットとデメリット 3…

  6. ダイエットパーソナルで大切にしていること

プロフィール


私のホームページにお越し頂き
ありがとうございます。

長野県松本市で活動しております、

女性のダイエット専門パーソナルトレーナー
佐藤 健二 (サトウ ケンジ)です。


興味を持たれましたらご相談ください。


詳しいプロフィール

営業時間

【営業日】
火~金 10:00~21:00
土   10:00~20:00
月     9:00~17:00(出張のみ)

 

【定休日】

アクセス

長野県松本市渚 1-7-1 ライフサイト内
ルネサンス松本⇒地図

  1. 2020.10.06

    パーソナルトレーニングで得られる結果・受けられるサービス…

  2. 2020.09.26

    ダイエットで成功するコツ『比べるのは過去の自分』

  3. 2020.09.15

    トレーナーが教える、膝の痛みを改善する3つのアプローチ

  4. 2020.09.03

    ダイエットは彫刻や絵画と同じ 449

  5. 2020.08.28

    摂取カロリーを増やしても痩せる人、2つのパターン